BLOG

佐賀の住宅の1年検査に行って来ました。家具が明日、搬入されるそうでやっと竣工写真を撮影することができるようになります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今日は久留米 I PROJECTの引き渡しでした。まだ塀や植栽などの外構工事が残っています。

 

 

クライアントの意匠的な変更も多くとても難しい対応をしなければならない現場でしたが何とか納めることができたと思っています。

たぶんクライアントも設計者も最終的にこのような建物になるとは当初、全く考えておらず、長いやり取りの中でこのようなものが出てきたと言っていいのかもしれません。

特に面白いのは、このコア部分に取り込んだトップサイドライトの扱いで結果的にはボクらしいのかもしれませんが、当初この案には組み込まれておらず、クライアントとのやり取りの中、アイデアとして出てきたものです。

今後、別の住宅でこれを使ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

六本松にある蔦屋書店で今週末20日、土曜日に建築プロデュースのフォルツアと蔦屋とのコラボ企画として「建築家はすごい旅をする」のトークイベントが開催されます。

今回、ボクもその企画に関わり参加します。ボク自身は凄い旅などしていませんがメインパネリストである「人の力設計室」代表である小林哲治さんがバックパッカーとしてユーラシア横断をされており、東大の原広司氏の集落研究から興味を持たれ、文化人類学と建築家としての視点を踏まえたユニークな旅のお話です。

ボクはそれに「ヨッ!」とか「ホウホウ」とか合いの手を入れながらちょっかいを入れる役です。

ご興味のある方は無料ですので蔦屋に行かれたついでにぶらりと立ち寄られて下さい。午後2時よりやっています。

ところで蔦屋六本松店は、蔦屋の福岡における旗艦店と言ってもいいほど充実しており、平日に行ってもいつもいろいろな人で混みあっています。平日の普通の時間に来れるこの方たちは一体何者?と思えるほど老若男女問わず様々な人々がくつろいで蔦屋が用意したソファや椅子に座り本を読まれています。

この雰囲気を味わうだけでも面白いですよ!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今日は、久留米 I PROJECTの現場へ

来週、引渡しということで現在、造作家具の取り付けやクリーニングなどの真っ最中できれいな写真ではありませんが2ショットを公開。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2019.04.09

秋月 つづき

ところで秋月には柳瀬真澄氏が設計された「秋月の家」がありますが、このすぐ近くに隈研吾さんの元スタッフで藤原徹平さんが設計されたギャラリー+民泊の建物が竣工しています。

この地区は「秋月の家」もそうですが秋月伝統的建造物群保存地区に指定されており、柳瀬さんもかなり苦労されたお話を伺ったことがあり、柳瀬さんの苦労がきっかけになったのか規制が少し緩くなったようで、それをクリアしてこの建物も建っているとのことでした。

結果的に切妻の形態がミニマムなものとして表現されているように感じました。

手前の平屋がギャラリーで奥の2階建てが民泊の建物だろうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。