熊本県の人吉市内にある敷地は、川沿いに面した住宅地の一角にあり南北方向に長く
132坪の広さがある。
クライアントは中庭を強く望まれ、敷地の広さを活かし道路と平行に中庭を挟み、
2つの箱を南北方向に細長く配置し、間に挟まれた中庭に大屋根を架けた。

屋根の下には用途に応じたインナーペースが入り、
1つはパブリックのインナースペースで占められ、
他の2つは屋根下の余った部分が外部となり中庭とつながっている。

したがって3つの屋根の下、
インナーから屋根のない中庭→屋根のある外部→中庭→屋根のある外部→南庭へと
外部と内部と中間領域が交互に繰り返される構成となっている。

屋根は片流れの勾配屋根を交互に勾配方向を変えながら架けており、
室内及び外部空間の高さに変化をもたらし、その下に様々な場を作り出している。

かねてより当アトリエは外部と内部のつながりにおいて様々な試行をしており、
この住宅ではアトリウムとしての新たな提案となっている。

敷地面積  473.70㎡(143.3T)
延床面積  164.00㎡( 49.6T)
竣  工  2013年
施  工  浦田建設
構造設計  黒岩構造設計事ム所
Photo    Y.Harigane(Techni Staff)