BLOG

2007.05.24

厳しい予算

 Fabric Wall Residenceが竣工して3年が経ちます。
いま思えば、厳しい予算(1300万円)に対し、概算の段階で一度断られながら、
スタッフ(笠置)の「もう一度電話をかけましょう!」という後押しで何とか諦めずに
アピールしたことを懐かしく感じます。
 もしあの時、再度電話をしなかったらあの住宅は生まれていません。
気持ちを強く持つということがいかに大切かを学ばせてもらったような気がします。

 厳しい予算でもあらゆる手を尽くしワクワクするような建物を生み出す事は、
なかなか簡単にできることではありませんが、あの時の楽しさを初心に帰って
味わいたいと強く思っている今日この頃です。

これから6月以降、2000万円台前半の30代のご夫婦の家が続々着工します。

 乞うご期待!

コメントは受け付けていません。

 いよいよブログを始めることにしました。
今後、このホームページを見ていただいている方に当アトリエのプロジェクトの
進行状況等をご報告していきますのでよろしくお願い致します。

 さて、竣工物件が3件(swastika,solid,百道浜の住宅リフォーム)
たて続けに完成しようやく一息ついていたところ、現在進行している現場
が何もないという事でがく然。

 プロジェクトはいろいろあるのですが、どれも予算が厳しい物件が多く
計画に時間がかかっています。
 来月にはフォルツアプロデュースの住宅swastika2が福岡県苅田町
に着工します。

 本を90°に開いて立てたような大小5つの棟が、外部空間の囲い込み
と開放を伴いながら卍状に組み合わされ、変化のある空間を造り出しています。

 乞うご期待!

コメントは受け付けていません。