BLOG

2007.07.13

雨漏り

 よく雨が降っています。とりあえず渇水の心配はなくなりましたが
梅雨の時期にはめずらしく大型の台風が接近しています。
住宅の設計を数多く手掛けていると、台風が来るたびに
雨漏りが気になります。
アメリカを代表する世界的建築家だったフランク・ロイド・ライトは、
自分が手掛けた住宅の施主から電話をもらいます。
「ライト君!自分が座っている椅子の上から雨漏りしているのだが—-。」
ライトいわく
「すいませんが、椅子を動かしてもらえますか?」
あー絶対こんなに言えません!
天才はいいなあ!
雨漏り初体験の凡人新人建築家には、3つの対応パターンがあります。
1 すいません!今から取り合えず行きます!といって、雨の中、びしょぬれに
  なりながら雨漏れ箇所をさがすもののわからず、取り合えず誠意を見せる。
2 わかりました!すぐに工務店に連絡して行かせますといって、電話をかける
  ものの、今行っても、雨の中シールはできないので明日まで
  待ってくださいと現場監督から言われ、もう一度施主に電話をする。
3 工務店と連絡をとって、明日、一緒に確認に伺いますのでそれまで大変
  申し訳ありませんが、我慢してくださいと言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.12

抽象化

 今日は、近大の授業がありました。
毎回チェックをしていて感じることですが、最初に考えた
キーワードやイメージを建築的なものに変換する場合、
必ず、抽象化という行為をおこなわないと極めて
俗っぽいものにしかなりません。
抽象化という行為は、そのイメージやキーワードの中に
潜む根本的な事柄の分析とそれ以外のものの切り離し
によってクリアになってくるものであって、それが結果として
リアリティにつながると思っています。
学生の課題で所詮建つ筈の物でなくても、リアリティの有無
はとても重要です。
例えば、泡というコンセプトの場合、泡が球状になっているから
球の集合体を作っても建築にするためのリアリティは、得られません。
泡をどのように捉えるのか独自の切り口が必要で、その切り口は、
建築化のためのリアリティが備わっていないと説得力に欠けます。
それを見つけ出す行為が抽象化でありデザインにつながっていくものだ
と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.11

急な展開

 横浜の方からお電話をいただきました。
以前より雑誌やホームページを通して、当アトリエのことを
知っておられたようで、今回、横浜市内に50坪の土地の
購入を検討されており、ご自宅の設計の相談をしたいとの事でした。
CITY CUBEを気に入っていらっしゃるようで、清々しい空間と言われ
とても嬉しく感じました。
たまたま、先日ブログでご紹介したNさんご夫婦のほうも千葉に
候補地が見つかり確認をして欲しいとの連絡をいただいていましたので、
近いうちに東京に行き、まとめて確認をすることにしました。
それにしてもNさんとのご縁がきっかけで、東京での仕事の話が
急展開していることに、私自身も驚いています。
時期が到来したと前向きに考え、大切に対応していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.10

男前豆腐

現在計画を進めている、白川沿いの熊本の住宅について
建築プロデュースのフォルッアより熊本の紹介物件があるので
一緒に進めてみてはというお話があり、今日ポートフォリオの
最新版を事務所に持って行きました。
スタッフの福田さんとの雑談の中で「男前豆腐知ってます?」
と言われました。
「何、それ?」というと「大石さん!遅れてるゥー。おいしくて有名ですよ!」
と言われました。
「じゃーこれあげます!」と言われて、アトリエに持って帰ってスタッフに見せたら
なんと!みーんな知っているではありませんか。
特にスタッフのヒラノが知っていたことにショック!でした。
この男前豆腐、ウフフ、ライターマンが食っていたらきっと絵になるだろうな。
ライターマンは、きっと僕と一緒で知らないに違いないと勝手に思っています。

裏側には、男前を表わす刻印が。

“男前豆腐” への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    アハハ!やっぱり! ともにオジサンとしてがんばりましょう!
    男前豆腐、朝食べましたが、ウメェー!まったりとした濃厚な味です。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ‘男前豆腐’は‘おっとこまえ’な大石さんにぴったり!!(^-^)ゴマすりすり。
    次は‘波乗りジョニー’こと‘豆腐屋ジョニー’食べてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.09

めがねと髭

 最近、老眼の進行度が速く、読書用のめがねと、遠近両用のめがね
を買いました。遠近両用のは、ニューヨークのROBERT MARCという人の
デザインでめがねの内側が色違いになっており、僕のは外側がブラウンで
内側がライトブルーになっています。


この遠近両用のめがねをかけると80才になる母の受けがすこぶる
よく、「和彦は、めがねが似合っとうね!」とよく言います。
さらに「あんた、ついでに髭もはやしなさい!」と言います。
それってもとの顔を全部隠せ!ということですよねー。
ひどいですねー。自分が生んだ子に対して。
そういうこともあって、言われた通りに最近、めがねと髭で
皆さんにアピールしています。
今後ともよろしくお願いしまーす!
たぶん、このホームページの写真とは、だいぶイメージが違うと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。