BLOG

 この言葉は亡くなった映画監督の黒澤明が残した名言です。
創造する行為において必要な資質をこの言葉が端的に言い表しています。
一見、相矛盾するような感じですが、芸術的資質というものは
そのような複雑さがあってこそより深くなると思います。
普通の人でもこの相反する二つのうちのどちらかは、レベルの差はあれ
持っていると思います。
ただ、悪魔のように細心な人に天使のように大胆になれといっても難しいけれども、
天使のように大胆な人に悪魔のように細心になれということは、
経験の積み重ねによって可能です。
したがって、人を採用するに当たり、僕はまず、ざるでもいいから大胆さ
を求めます。
と言って、うちのスタッフがざるという訳ではありません、念のため!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.02

男のにおい

雨が明け方からかなり降っていますが、今日は、気温は低目なのに蒸し暑く
感じます。デスクに向かって仕事中でも体がジトーとした感じで汗をかいています。

 当アトリエには、材料(クロス、タイル、塗り壁、フローリング)メーカー、
アルミサッシメーカー、ガラスメーカーなどの営業のかたが、スーツを
しっかり着てよく来られます。一人の場合はそれほどでもありませんが、
三人ぐらいになると、狭いアトリエの打ち合せスペースにタバコのヤニと
体臭が混ざり合ったようなクサーイ臭いが充満します。
(さらに許せないのは、前日に平気でにんにくを大量に食べているデリカシー
のないヤツ–こういう場合は口で息をしながら打ち合わせを行います。)
(なぜか作業服を着た施工業者の方は、ほとんどにおいません。)

こんな臭いをよく奥さんが我慢できるものだと思ってしまいますが、
昔、ある集まりで男と女の恋愛論について語っていた中で、
男と女の相性の決定的ポイントは、男のにおいだということが出てた
ことを思い出しました。

男も動物ですから、みなそれぞれにおいを持っており、それが女性にとって
嫌ならば、どんな恋愛も成立しないというのがそこでの見解でした。
結局、女性の男性に対する生理的な好みが動物的においによって決まる
というのは、すごく人間にとって本能的な話で面白いですね。
これは、あくまでその時の仮説ですので、もっといろいろと聞いてみないと
わかりませんが。どうなんでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.07.01

ダイハード!

今日は、少年ラグビークラブチームによる中学生福岡県大会A,B各パートの決勝戦が行なわれました。
私の子供が所属する草ヶ江ヤングラガーズは、リーグ戦で2位だったため、
Bパートにまわりましたが、これまで小学生の時から1度も勝てなかった相手チーム
に今日勝利し、見事Bパートで優勝しました。この半年間、コーチたちと父兄が一丸となって
支えてきたことに対して子供たちが見事に応えてくれました。
でもまだ泣くわけにはいきません!
来週、Aパートの3位チームに勝利すれば、Bパートでの九州大会への出場が
決まります。涙はそれまでとっておかねばなりません。
あーいつのまにかあついあついおじさんになってきました。
高校の体育祭のような熱い盛り上がりをムラムラと感じまーす!
今日の試合に負ければ全てが終わりということもあって、大声を出して応援しました。
もともと、Aパートでの九州大会優勝が最大の目標で、メイク ドラマを目指して
いましたが、残念ながら果たせず、九州大会Bパートの優勝に目標を変更して
頑張っています。
あくまで、最後まで絶対にあきらめない!ダイハード!!
どんな夢もしぶとく執念深く、一歩でも近づくこと。
草ヶ江がんばれー! ダイハード!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 現在、ONE PROJECT(二日市)の実施設計中です。
施主は、20代後半の公務員のご夫婦で、当アトリエの住宅を雑誌で見られての
ご依頼です。
奥様の実家の近くに土地を購入されており、昨年の10月よりゆっくりと
時間をいただき、検討を進めてきました。
土地形状が正方形に近く、CITY CUBEを気に入られてのご依頼でもあり
計画を進めるにあたって、単純なロの字の二重フレームを記号化した平面を
スタッフに与え、中央ロの字と外周ロの字の関係性を構築した空間を提案させる
ことを目標としました。

いろんな可能性を考慮した4つの提案に対して、スタッフの平野が検討した案が
ご夫婦にとって一番面白いプランだということになりました。

中央ロの字部分を半地下の収納スペースとし、その上部をリビングスペースとして
中央のコアを取り巻く1Fスペースに洗面・浴室の水周りと寝室、予備室、バスコートテラス、
インナーテラスを配置しています。
2Fは、その取り巻いているスペースの上部がキッチン、ダイニング、子供室、外部テラス
としてワンルームに配置され、半階下がったリビングとつながり、リビングはさらに
1Fの取り巻いているスペースとつながっているという全体がワンルームの家に
なっています。

名付けて ONE PROJECT!
7月20日の図渡しに向け、本日、施主に対して進捗状況の説明と一部変更内容の
確認を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2007.06.29

再びトライ!

 以前(2年前)、東京のディベロッパーの方よりメールでご連絡をいただいたことがあります。
私が設計した住宅が海外の本に掲載されており、東京の書店の洋書コーナーで
見られ、当アトリエのホームページも改めて確認された上で是非,世田谷の高額建売物件
3件の設計監理についてご相談したいということでした。

さっそく、東京に行きお会いして、現地も確認しました。
向こうからもこちらに来られて、CITY CUBEとSHIMA STYLEをご案内しました。
東京進出が一気に叶うビッグチャンスでしたが、さんざん悩んだ末お断りしました。
2年前は、当アトリエのスタッフがまだ十分育っておらず、ディベロッパーのスケジュールに
対応できるキャパシティがないため、こちらが抱えている物件の密度が落ちることを
とても不安に思った結果でした。
たいへん残念なことでしたが、いまでは、どなたにもご迷惑をかけずに正しい判断だった
と思っています。
(その物件は、結局、東京の建築家の岩本弘光氏がされて昨年竣工しています。)

きょう、以前ブログでご紹介したNさんご夫婦が再び相談にこられました。
汗をぬぐいながら開口一番 「大石さん!うちのマンションからここまで1460歩でした!」

東京での不動産物件のご検討を早速進められており、
当アトリエに設計監理を依頼され場合の、交通費を含めた
様々な諸費用について打ち合わせを行ないました。
かなり具体的な総費用の提示もあり、Nさんが建築事務所に設計を依頼
されるハードルは低くなったと思っています。
今後、詰めないといけないことがたくさんあり、どうなるかわかりませんが、
もしかしたら、当アトリエにとって、東京での初の設計物件になるかもしれず、
今回のチャンスには、2年前に比べスタッフも3人に増え、力も付けていますので
全力でチャレンジできると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。