BLOG

 

2018年5月に竣工しました「観世音寺のいえ」をホームページにアップしましたので

ご興味のある方はギャラリーより入られご覧ください。

 

建物正面が北側のため外観撮影時期が北側に太陽が回り込む夏至になり1年待って撮影。

さらに内観については昨年の秋に撮影して頂きました。

 

 

建物の敷地がある太宰府市は、地区に分けた景観条例があり敷地の植栽化の義務や勾配屋根の採用などの規制があります。
それを遵守しながら緩やかな片流れの大屋根の家を提案しました。
敷地の南側に庭を造るのではなく、建物を南側へ寄せ居間にはハイサイドライトだけを入れ、

眺めの良い北側の山の風景が見れるように居間の北側に中庭を配置しています。
この中庭は壁で囲まれたコートになっており外から引き戸を開け、入れるようにもなっています。
中庭の各室からの見え方は制限されており、

エントランスホールではハイサイドライト、居間への廊下では地窓と

来客者からは中庭の全貌がすぐにはわからないようにし

最後の居間において大きな引き戸の開口部を通し

一気に中庭と内部空間が繋がるような工夫をしています。

 

住まい手は、若いご家族ですが

住まい方はむかしの家のような床座を希望されており、

建物が建つ場所としての地域性と生活空間がフィットした住まいになっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

きょうやっと自宅にアベノマスクが届きました!

一時どこにも無かったマスクも値崩れして買いやすくなってきており

遅きに失した感があります。

デザインは良いとは思いませんが

巷で叩かれているよりマスクそのものはしっかりしており

悪くないと思いました。

 

 

布の層も4層になっており付けた時に市販のマスクより息がしやすく

口のイヤな臭いも感じません。

 

アベノマスク意外といいぞ!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

私たちの設計の仕事は元々デスクワークがメインで

あとはクライアントとの打ち合わせか現場での打ち合わせになります。

比率的にはデスクワークが7割、現場が2.5割、クライアントとの打ち合わせ0.5割

ぐらいでしょうか。

ただ、現場の数が多くなり場所が遠くなると移動時間も含め

現場への割合が高くなってきます。

したがって今回のようなコロナウイルス問題による外出自粛規制においては

仕事上はあまり変化なく対応しています。

ただプライベートでもずっと引きこもっているためストレスは溜まっています。

こういう時、現場に行けることは有難く

設計図に従って建物が次第に出来上がっていく様は

建築が常に前を向いて進んでいることを実感できる職業だと感じさせてくれます。

 

先日、車の修理でイタリア車を扱っているディーラーへ行ったところ

イタリアはコロナウイルスの影響で車の生産ラインがまだストップしているそうで

現在、在庫と試乗車等で切り盛りされており6月いっぱいでそれも尽き

8月以降は売るものがなくなると言われていました。

仮にイタリア本国で生産が開始されても時間的なずれが大きく

それまで持ちこたえるのが本当に大変だろうと思います。

 

すでに飲食や宿泊業、交通などが大変な中、輸入車や家具ブランドも同様のようで

コロナウイルス問題が取りあえず収束したとしても

非常に厳しい経済状況が待っていると思うと

漠然とした不安を持たれている方が多いのではないでしょうか。

 

毎日、毎日、コロナウイルス問題のニュースも気分が滅入り、

ワイドショーなどはさすがに観るのに飽きてきました。

厚生労働省、専門委員会の対応を巡っては非常に不愉快に思っており

全く信用できない気持ちですが—–。

 

テレビ番組も再放送の繰り返しばかりでこの事態に対して

全く新しい切り口もなく漫然と映像を流し続けるだけで飽きてきました。

もっといろんな職種の現況についての特集を組むとか、なぜPCR検査数が増えないのか

きちんと取材するとか、専門委員とそれに批判的な専門家との討論番組を作るとか

閉じこもり状態の中、ネットで各々自慢の料理大会をするとか

ネットを使ってしかできない企画を考えるとか

もっといろんなアイデアがないのかなあ?

 

当アトリエのプロジェクトの模型製作をお願いしてるT女史によればワンルームに住んでると

動ける範囲も限られ、外出自粛はきつく

ペットが欲しいと思うようになったそうでその気持ちは非常によくわかります。

 

ボクもなんだかペットが欲しいなあと勝手な都合かもしれませんが

思うようになりました。

 

そう言えば先日ケーブルテレビで放送された「ボクのワンダフルライフ」を観て大泣き!

元々涙腺がゆるい方ですがワンちゃんを飼っておられる方ならば間違いなく

お勧めの映画です!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

たまにボクの母校のグラウンドの前を通ると

随分前(1年くらい?)からずっと工事が行われており

グラウンドの半分が人工芝になっていました。

その後、残りの工事が行われていたのですがよく見ると一面アスファルトになってます!

 

 

あれーなんで??一面駐車場??——–と思っていたら

その後、何度か前を通るたびによく観察してみると——

ロール状の巻物が置かれていました。

ということはこの上にさらに人工芝を貼るのだろうと思います。

 

修猷!凄い!!    全面人工芝のグラウンドが出来上がると思います!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2020.05.06

ずっと仕事

 

毎年のことながら設計の仕事は、連休明けの提出が多く、

結果的に連休は仕事となります。

ただ今年はコロナウイルス問題もあってなんか落ち着きません。

はぁーと思う——-。

でもここで—-頑張らねば——と思う。

 

 

“ずっと仕事” への1件のコメント

  1. ドクンドクン日本は比較的言論の自由が担保されていますし、資本主義社会を始めとした現代社会の様々な矛盾に懐疑的になりつつあります。
    そして、エボラ出血熱のゴタゴタから日本へと帰還します。
    なお、このアフリカでのシーンではクロップアップ(脳内処理の高速化)により、スーダン解放戦線の隊員を素手で殺します。
    ヴォ―カルはもとより、手前味噌になりますが、作曲、アレンジ、そして歌詞、ミュージシャンの演奏をも含めたこのプロジェクトが、改めて凄い熱量を発散していたんだと感じました。
    2017.03.09  シリーズ完全最新作『オメガラビリンスZ』サイト公開!時代は大きく流れて、今のアレンジャーは自分の目の前のワークスペースの中で、音を構築し、バランスを決めながら、自分のイメージを膨らめ、作品を完成させることが出来ます。
    ただ、晴は自分自身が新人類として世界のキングになるにあたって、WILLのやり方は気に食わないと思い、人を殺さないやり方でー人を啓蒙することによって新人類となりうる仲間を探し始めます。
    そんな背景から、僕は二人のベテラン・エンジニアには、自分の感覚で音を組み直す必要は無いので、リアレンジャーが答を出して作った音の世界を、ベテランのエンジニアそれぞれが持つキャリアと技術で補佐だけして下さいと伝えました。
    今、僕の音楽のテーマは「POP×ART(ポップ・バイ・アート)」なのですが、オメガトライブに携わった時点で、大衆性と音楽性の両方を追い求め、この時代に対して答を出していたのではないかという気がしています。
    僕らはそれを俯瞰して判断しないといけなかったんですね。
    そう、実はアメリカ合衆国の権力を握るホークスはオメガだったのです・・・。
    破天荒な内容だが、確かな個性と魅力があり、クセのある作品を求めている人にオススメ。
    ※単品での販売は行っておりません。
    店内には、オリンピックをテーマにしたコーナーを展開するほか、最新モデルから定番の人気商品も幅広くラインナップ。

    スーパーコピー時計 https://www.kopiok.com/brand/list-109.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。