BLOG

八幡・市瀬のH PROJECTは4月上旬に設計契約後、

通常、次のステップとして基本設計に取り掛かるのですが

今回は基本設計前に概算金額を求められました。

そこで施工者に相談したところ概算とは言え、

平面図、立面図、断面図、仕上げ表以外に開口部や造作家具、WIC等の棚板なども欲しいと言われ

結局、内外部のアルミ及び木製建具の 建具表、造作家具、WIC等の展開図も作成、

矩形図に至ってはこれまで共通の納まり図も付け、その他外構図、全館空調システム、システムキッチンなどとともに提出しました。

基本設計前に概算期間として時間はかかりましたが

金額の了解を得て進められるため、気持ち的には少し楽で助かります。

 

 

敷地は北側が8階建てのマンション、東側は3階建て住宅、西側は駐車場 のためプライバシーを

守りながらも唯一、西南方向に遠望できる山並みをリビング・ダイニングの空間より

眺めることができるコートハウスとしています。

 

今月中に基本設計を完了し、来月より実施設計に取り掛かる予定です。

 

八幡西区は当アトリエにとって昔から遠賀町とともに不思議とご縁がある場所で

とても有難く思っています。