BLOG

韓国で2月9日より開催されています平昌オリンピック
テレビでは連日、日本選手の活躍が放送されていますが
これまで金メダルには中々届かないなか、土曜、日曜と続けて
ついに男子フィギュアスケートで羽生結弦選手、
500mスピードスケートで小平奈緒選手が金メダルを取りました!
おめでとうございます!
二人とも苦難を乗り越えての金メダルで
見ている僕たちにも勇気を与えてくれる金メダルでした。
ところで、どういう職業でもスポーツにおいても
成功するための5つの法則というのがあるそうです。
1、今いるところと行きたいところを明確化しているか。
2、詳細な、紙に書いた計画と、その達成のための期限を持っているか。
3、自分自身のために設定した目標を達成するための燃え上がる欲望を
  持っているか。
4、自分自身と自分の目標達成能力に最高の自信を持っているか。
5、他人がどう言おうと、どう考えようと、どうしようと、それに左右されず
  やり抜く、鋼(はがね)のような決意を持っているか。
オリンピックに出場できる選手というのは当然ながらみなこの5つの法則を
満たして出て来られており、あとは気持ちや持って生まれた能力、運など
によって結果に差が出てくるのかもしれません。
お二人のインタビューにおいて二人とも「みんなに支えられて感謝」
という言葉がありました。僕たち建築の世界においても一人だけでは
どうにもならず、自分はみんなに支えられているという気持ちを持つ
ことが大事だなあと思い知らされます。
一流の選手というのはそういう謙虚さも持ち合わせているということが
よくわかりました。
また、小平と2位だった韓国のイ・サンファ選手同志がお互いを
讃え合って抱き合うシーンはお互いの国どうしが政治的にうまくいっていない
だけに感動的で涙が溢れてきました。
これまでのオリンピックにおいて1位と2位の国が違う選手どうしが
抱き合うことなどなかったのではないかと思います。
本当に感動的なシーンでした。
    
昨年の9月に建設国保による無料健康診断を受けました。
実は健康診断は本来、毎年欠かさず受けたほうが良いのですが
ついつい行かないまま6年ぶりの健診でした。
久しぶりに受けてみると、
当然のことですが中性脂肪とコレステロールの数値が高く
要経過観察で、それ以外にメタボだという指摘を受けました。
そこで早速、保健指導を受け、
まずは体重を72kgから半年間で69kgに落とす
比較的楽な目標を立てました。
12月の中旬より半年後の経過観察のためにカリキュラムに沿って
生活をしています。
それには運動としてウオーキングが重要なため、
毎日の歩数と体重管理の把握が必要になりました。
そのため適当なウエルネスリストバンドを探していましたが
どうせ購入するなら以前から課題になっていた自分の睡眠管理も行いたいと考え
ネットでのレビュー等を参考にして最終的にfitbitのAlta HRを購入しました。
https://www.fitbit.com/jp/app(アプリの表示は全て日本語になっています)
実はこのアプリが大変わかりやすく、睡眠管理についてもレム睡眠、浅い睡眠、
深い睡眠の各々の時間が確認でき結構使えます。
体重も毎日、計量しこのアプリに打ち込めばグラフ化されて
体重が減っていくことに俄然やる気が出て来ます。
2か月間で3kg減の目標を達成できそうなのであと2kgさらに
頑張って下げようかなと思っています。
健康管理のための生活行動目標
1、週2回以上1時間のウォーキング(寒い日は無理)
2、週2回以上の休肝日(寒いと飲みたくなります)
3、糖質制限(この2か月、糖質が多いパスタは全く食べずごはんも
       ほとんど食べないようにし、飲酒はワインを中心にし
       ビールの時は糖質100%オフにしています)
4、揚げ物はやめる(ほとんど食べていません)
5、昼、夜1度当たり20回の腹筋