BLOG

今年の3月に竣工しました観世音寺の家の竣工写真をホームページにアップ
しましたのでご興味のある方は是非、ご覧になって下さい。
建築プロデュースはフォルツア、施工はみぞえ建設さんで
写真はテクニスタッフの岡本氏です。
 
 
      

2017.10.29

シビレル試合

きょう日曜日は、福岡ヤフオクドームでプロ野球の日本シリーズ
ソフトバンク対横浜DeNA第2戦が行われました。
第1戦に10-1で大勝したソフトバンクホークスは、
東浜を先発に立て初回に打線が先制したものの
その後DeNA先発の今永をなかなか打ち込めず、
ついに6回、梶谷にホームランを打たれ1対1の同点となりました。
ホークスは早めの継投に入りましたが代わった森が
このシリーズ当たりが出ていなかった5番宮崎に2ランを浴び
1対3に逆転されてしまいました。
6回裏も今永を打ちあぐねていた打線は7回裏、
相手ピッチャーの交代をきっかけに先頭バッターの明石が2塁打!
この1打は劣勢の雰囲気を変える貴重なヒットに。
その後、1番柳田のヒットで2対3の1点差となり
2番今宮の当たりはダブルプレーになる当たりだったものの
併殺を焦った倉本がボールを落としてしまい1アウト1,2塁となる。
次のデスパイネ三振で2アウトになりましたが
4番内川がきわどいコースのボールを選びフォアボールで満塁に!
そこでこれまで1本もヒットが出ていなかった5番中村がヒット!
3塁から柳田が生還し同点!
2塁から本塁目掛けて走ってきた今宮は、右翼手梶谷からの送球を受けた
キャッチャーとのクロスプレイとなり主審はアウトを宣告。
工藤監督よりすかさずクレームがあり
7分間のビデオ判定の結果、セーフとなり3対4と逆転しました。
この今宮の本塁突入はタイミング的にはアウトのように見えましたが
手を伸ばし頭から本塁ベースへ突っ込んだため
僅かの差でキャッチャーのタッチより先にベースに手が当たっていました。
実はこのプレイ、試合後の3塁コーチ村松の感想によれば
試合前の外野練習においてDeNA右翼手梶谷の姿がなく、
その後のキャッチボールをみても調子が良くないように見えたことから
右翼手から本塁への送球がそれる可能性があると咄嗟に判断し
2塁から走って来る今宮に対し3塁ベースを回って本塁に突入するように
手を回したということでした。
改めて野球の奥深さを感じるとともに
神がかり的に見えるプレイでも実は試合前からの周到な観察と準備という
チームワークがあっての結果だということです。
このことは、すべての仕事においても言えることではないでしょうか?
シビレタ試合でした!
       
今年の5月より設計を進めていました赤坂けやき並木通りに
面するマンションリフォームの工事金額が決定しましたので
施主と施工業者との請負契約に立ち会いました。
当初は、基本計画の段階で概算を取り、進めていましたが
基本設計の打ち合わせのなかで次第に仕様が上がり
最終的に新築の木造住宅1軒分が建つ費用となりました。
室内の床仕上げは真っ白な600角タイルで和室がないため
リビング収納の一部に小さめのシンプルな仏壇コーナーを設置しています。
リビング・ダイニング・キッチンはワンルームですが既存の梁を隠すために
梁下の水平面レベルでフラットにしたうえで3つの大きさの異なる矩形の
開口を空け天井高さ2.7mの上がり天井にしています。
壁の仕上げはしっくいですが、持ち物が多いため
ほとんどが収納の扉になっています。
キッチンはオープンキッチンでトーヨーキッチンのINO
天板はステンレスを独自加工したアイス仕上げで
ステンレス仕上げの問題点だった手あかや傷がほとんど目立ちません。
また、3Dシンクの圧倒的存在感は使い方も含め流石だと思います。
キッチンの背面収納の壁タイルにはアルミニウムをセラミックと融合させた
ヴォーグタイルを貼る予定です。
施工はくきはら工務店です。
別途工事として前田建具製作所に木製建具工事と造作家具工事
Mワークスデザインの水原氏に音響システムの構築をお願いしています。
     

観世音寺の平屋が秋晴れの中、無事上棟しました。
プロヂュースはプロトハウスさんで施工は河北建設です。
延べ床は38坪で平屋建てのため屋根面積が大きく、中庭を取り込んでいるためか
敷地一杯に建ち、かなり大きく見えます。

中庭は軒の出によって空が切り取られ、奥様が望まれていたジェイムズ・タレルのアートのようにも見ます。
竣工は2月末の予定です。
ところで、今回は餅まきを行ないました。
スタッフの田川さんがはじめてなので経験させようと思い、
屋根の上に上がらせようとしましたが
大工さんに止められました。
どうやら土俵内に女性が入れないのと同じようなしきたりのようで
これまで数多くの現場において初めてです。
餅を撒くことが神事であるということならば地鎮祭だって神事であり
施主を含め、そのような場に現実は入らせているわけで
餅まきでダメという理屈に矛盾を感じます。
それにこれからより多くの女性に社会進出してもらわないといけない時代に
いまだ性差別があるということも疑問に感じました。
8月の終わりに
中学の同期であるガットの吉浦くんと山田デザインの山田さんの三人で
お酒を飲んだ際、酔っぱらった吉浦くんが松山将勝くんに
今から出てこないかと電話をかけてみましたが、
残念ながら繋がりませんでした。

すると9月になり

松山くんより律義にも前回行けなかったお詫びとして
10月に自分のほうでセッティングするので
飲みましょうというメールが届きました。

メールの題名が「建築オジサンの会」となっており
不審に思って開けてみるとそういう内容でした。

そうやって4人が集まって飲むのはたぶん10年ぶりぐらいで
本日、「建築オジサンの会」となりました。

ボクを除くこの3名は九州において質の高い医療施設を数多く手掛けており
大きな功績を残してきていると言っても過言ではありません。
(当アトリエは最近、医療施設を手掛けることが少なくなり残念に思っている
のですが-----–。)

こういう場合、気兼ねなく建築の話ができるため非常に楽しい集まりです。

各々の代表作はどの建物か意見を言いあってみたところ
共通項としてあまり力を入れずに自然体で振る舞ったものが
結果的に代表作になりやすいということになりました。
いずれもが好きな建築家としてミース・ファンデル・ローエを
挙げているところにも形態にシンプルな美しさを求める共通性を感じさせます。
(ボクはアルヴァ・アアルトやスティーブン・ホールですが-----)
建築オジサンによる飲み会はプロ野球のCSの結果が気になりながらも
お店の閉店間際まで続いたのでした-----–。