BLOG

今年の2月に竣工しました観世音寺の住宅の竣工写真撮影に立ち会いました。

観世音寺地区は歴史保存地区としての景観規制が厳しく、
屋根は勾配屋根で軒を出すことを指導されています。
この建物ではその規制を逆手に取ったデザインとしています。
道路側に突き出た二つの軒については、奥が片流れで手前が寄棟という
変形した屋根で道路側から見た場合、フラットな屋根に見えるような工夫を
しています。

また、前面の道路より土地が50cmほど上がっていることを利用して
建物は中2階と2階のあるスキップフロアの構成になっています。

建物に取り込まれた中庭は外部からは見えない形でプライバシーを守っています。

建物はクライアントが大きくこだわられた高気密高断熱住宅で
協立エアテックによる全館空調システムを採用。
平屋部分のリビング・ダイニング上部の屋根裏に1台の大きな空調機を設置し
外部からの新鮮な空気を取り入れながら
2階廊下部分のリターンガラリより部屋の空気を循環させています。

キッチンはリブレさんによるオーダーキッチンで背面収納は扉をリブレさんに
支給して頂き、前田建具に製作してもらいました。

対面式のキッチンは手前開きのモーニングカウンターを組み込んでいます。

キッチンの背面収納にはサイド部に冷蔵庫置き場を設置し、リビング正面より
冷蔵庫が見えないように工夫するとともに料理中の奥様以外のご家族の
取り出しもスムーズです。また、背面収納の左側には電子レンジと炊飯ジャーが
組み込まれ片開き 押し込み戸により料理中以外には見えないようになっています。
背面収納の裏側は勝手口とパントリーになっておりオープンな棚以外に
冷蔵庫が入っているリビングと反対面の壁が鉄板下地の木目シート貼りで
マグネットによる掲示が可能になっています。
冷蔵庫置き場前の通路を挟んで反対側は天井までの壁面収納になっており
食器類の収納として使用され、キッチンまわりは非常に機能的な構成になっています。

インターホン親機、セコムのモニター、風呂リモコン、ルートロン(リビング・
ダイニングの照明照度コントロールシステム)などの機器を
来客者からは直接見えないように設置しています。
また、リビング・ダイニングの空調吹き出し及び、照明についても
天井の黒のスリットラインの中に納められており見えないようになっています。

撮影はテクニスタッフの岡本さんにお願いしています。

2か月後ぐらいにホームページに掲載予定です。

    

お子様の進学の関係で2年間中断していました某プロジェクトが
本日、地鎮祭を迎えました。

防犯を最優先に求められており、
1階回りは小さな開口部以外ほとんど壁になっています。

    

芦屋Y PROJECTの足場が本日解体されました。
中央部足場については工事材料の搬入用としてしばらくは残る予定です。

2階の天井及び壁のAEP塗装は完了。

    

今年のソフトバンクホークスは ピッチャーではエースの和田、
そしてワールドベースボールに出場した武田、同じく出場して自信を深めた千賀
この3人が先発ピッチャーの6人枠から故障で抜け、
野手では3番の内川、4番のデスパイネも一時故障で離脱と
通常のチームでしたらとても大変でまともに戦えない状況になりがちですが
そういう状態にも関わらず、12球団の交流戦を1位通過し
交流戦後も1位楽天から離されず追っかけています。

戦力が落ちずに戦えていることの理由は
エース格のピッチャーの負傷離脱に代わる若いピッチャーの活躍です。
石川、松本などが当初はリリーフで使われ、その後、先発に転向。
当初は一時かなり打ち込まれたりしていましたが、
最近、だんだんと慣れとても頑張っています。
また、野手では上林、キャッチャ―では甲斐、いずれも昨年、
ほとんど出場経験のない若手選手が大活躍して支えているということです。

今年のホークスの若手は注目すべき選手ばかりで話題に尽きませんが
特にキャッチャーの甲斐については、その奮闘に目を見張るものがあります。
これまでホークスは、城島という天才捕手が抜けた後、若手が中々育たず
外部から細川、鶴岡などFAの選手を獲得し補強していました。
生え抜きとしては高谷やアヤツグなどがおり高谷はこれまで正捕手として
なくてはならない存在となっていますが年齢が35才でもう若手ではありません。
したがってホークスの問題点として常々、若手捕手の早急な育成が指摘され
昨年、おととしと工藤監督はアヤツグを育てようとしていましたが
リード面で大いに問題がありました。

そうした中、今年、急に甲斐が1軍に抜擢され大活躍しています。
盗塁阻止率はリーグNO1であり打つ方も3本塁打に打率270と成績を
残しています。170cmあるかないかの小さな体形でバッドを短く持ち
喰らい付き、盗塁時の猛然とした素早い送球は凄みがあります。
見ている方は、こんないい選手が昨年まで一体どうしていたんだろうか?と
思ってしまいます。
とにかく、見ていてそのプレーにひたむきさ、貪欲さを感じさせる選手です。
ネットでの受け売りですが、甲斐選手は育成ドラフト(いわゆる3軍)の
最下位6巡目でかろうじてホークスに入った選手らしくその時の育成同期に
4巡目が千賀、5巡目が牧原と3人全員が1軍で活躍しています。
したがって甲斐選手の貪欲さは、下から雑草のように這い上がってきた
貪欲さなんだろうなあと思います。

あらゆる分野の若手のみなさんは甲斐選手の一生懸命さ、ひたむきさ、
貪欲さを見習うべきです!

ガンバレ甲斐!!