BLOG

今年の2月ごろに大濠のマンションに住まわれている方から
和室と寝室のリフォーム依頼を受けました。
和室は2度目のリフォームで
1度目は床の間をつぶし和タンス置き場にされていたところ
和タンスが2台から3台に増えた結果、入らなくなるとともに
お仏壇の置き場やご主人からもう一度床の間が欲しいという要望もあり
リフォームということに。

主寝室については元々、マンションの2住戸分を購入されつながっており
1住戸のLDKだったところがそのまま主寝室とウォ―クインクローゼットに
なっているため非常に使い勝手が悪いレイアウトになっていました。
そこでウォ―クインクローゼットを含めた
全体のレイアウトプランの変更を提案致しました。

3月より8月まで打ち合わせと実施設計を行い、9月に見積もりおよび調整。
10月中旬に着工しました。
施工は筑羽工務店で担当は安藤氏です。

(リフォーム前の和室で窓には木製ブラインド、エアコンは当初露出で壁掛けに
なっていたらしく施主からの指摘で急遽、エアコンを隠すための収納が
造られたのことでした------商業系デザインで最近、よく名前が出ている
設計事務所に頼まられたようですが、和室についてはかなりいい加減な
対応のように思いました-----—。というか商業系の人って和室のような
体系的伝統性が求められるスペースにおいてはその人の浅さが出てしまうように
思えるのですが------)


(窓側には小さめの仏壇が置かれています)

施主は和室においての伝統性よりもモダンさを求められており
どこまでモダンにするか微妙なところで、あまりやり過ぎると店舗のように
なってしまいます。
3台の和タンスが並ぶタンス置き場を確保して3枚戸の襖で隠し
その上には着物がよく見えるように天井部分に間接照明を取っています。
また、8畳あったスペースを6畳と床の間にしました。
床の間はタタミとフラットにしておけば泊まりの場合に8畳のスペースとしても
使用できます。
押入れは床の間に直交させて浮かせ、
その下に床の間をL字状に回り込ませることで拡がりを感じさせるようにしています。
この部屋は着物の収納と着つけスペース、泊り部屋、そして仏間としての機能が
求められており、それを満たしたうえでの在り方となります。


(やはり和室は素材感と自然の光と影です,スチールフラットバーによる
床柱の位置については秦さんからの意見も取り入れ黄金分割で決めましたが
ボクの感覚としてはあと100mm左のような------。
でも寸法については感覚的なものとともに知性的な意味づけもあった方が
この和室に品格を与えるものとして必要だと思います。
それにしても、工務店側が黄金分割を持ち出すなんてさすがだと思いました。)


(ランダムに切り込まれた天井の照明、元あった熱感知器も黒く塗って
わからないようにしています)

    

    

2014年に竣工しました香椎のELEMENTAL HOUSEの竣工写真を
ホームページにアップしましたので興味のある方はご覧下さい。

    

    

甘木PROJECTの先週定例時に東側立面に設置する木製ルーバーの
ピッチについて現場で2種類のピッチ寸法の違うモックアップを
発砲スチレンボードで製作して頂き、クライアントに確認してもらいました。

木製ルーバーは内部にアルミ鋳物が入った奥行き50mmと100mm2種類の
厚さ25mmのルーバー材を使用し
50mm2段に対し100mm1段の繰り返しで25mm間隔と30mm間隔の2種類。

奥行きの違うものを交互に使用することで下から見上げた状態での
重なりの見え方がべたで揃えた場合に対し圧迫感が軽減されるとともに
陰影が強調されるメリットもあります。
外から内部の見え方が5mmピッチ変わるだけで微妙に変化し
25mmピッチでゴーサインとなりました。

また、ルーバーを3つに分割している柱には、外部デッキ用の堅木の南洋材
20mm×110mmを使用して2枚一組を1面で化粧カバーとして
構造柱の周囲を取り巻く予定でその組み合わせ納まりについても
部分ピースを大工さんに製作してもらい納まりを現物で確認しながら
進めています。

      

    

大学同期の井本氏が主宰する無重力計画の30周年パーティーに出席。
中州のIPcityホテルの1階宴会場を借り切り、
出席者は100人ほどで会費無料のご招待という大サービスのパーティーでした。
たしか、3か月前は伊勢神宮に一緒に行ったご利益がないとぼやいていましたが
今は、新たにスタッフを探しているようで-----ようやく------
お伊勢参りの効果が出てきたのだろうと思っていますが-----—-。

司会進行係は元スタッフでリズムデザインの井手くん
電子ピアノ演奏はボクと高校の同期で大学時代井本氏とも親しかった
九大建築出身で竹中工務店九州支店、支店長の吉田くん
パーティーの冒頭の挨拶も吉田くんが務めました。

しばらく自由に歓談の後、大学時代のスライドを見ながらボクのスピーチ。
次に彼が三浦紀之建築工房に入った時の1年後輩であり
ボクと高3の時の同級生だったY設計の家原くんのスピーチ。
次にその時代に知り合った柳瀬真澄建築工房の柳瀬さんのスピーチ。
などなど
最後は田中俊彰さんがスピーチの後、
福岡建築界に隠然たる影響力を持たれているヒラじいこと平安氏から
締めのお言葉。


(井本氏にこれまでお世話になった元スタッフ、
現スタッフ一同が並ぶ中での挨拶)

日本設計の森支店長、山下設計などの組織系設計事務所の方々や
フォルツアの青木氏、その他福岡で活躍されている建築家の面々、
クライアント、工務店など にぎやかな顔ぶれでした。

2次会は招待されていた大学の同期連中と近くの焼き鳥屋で飲みながら
大橋の元芸工大キャンパス広場で還暦同窓会をやろうということになりました。

 

 

建築家の柿沼守利さんが26年前に設計された宗像名残荘が
建築プロデュースのプロトハウスさんの企画により
この度、別のクライアントに引き継がれることになり
その一部改修を終えた建物を拝見させて頂ける機会を得ました。


(堂々とした門構えと屈折して連なった車庫スペース、梁によって屋根が
かなり前に持ち出されています)


(むくりのついた屋根は、コの字型プランに対し寄棟となっており
 庭の緑の中にひっそりと佇んでいながらも堂々たる風格が漂っています)


(エントランスは引き戸ではなく開き戸でセンターにラッチを回すドアノブが
付くのは師匠の白井晟一に合わせています。)

ここを建てられた棟梁の川原氏にも直接お話を伺うことができました。
柿沼氏から渡された図面は5~6枚のみでそれ以外に師匠の白井晟一の
図面集を手渡されこのようにやって欲しいと言われたそうです。
ディテール等は施工図を作成しながらの確認作業で、
設計料の1/3はもらってもいいほどだったと苦笑されていました。
(大学を出て間もなく、30万円する白井晟一全集を月賦で購入し今も大事に
持っていますが白井氏の図面はすごい密度で詳細図が描かれています)

構造体にはクリ材を使用し、内部化粧材はホワイトアッシュが使われています。
外観から見るとすべて真壁造のように見えますが、外は大壁で柱・梁部分に
化粧材が使われており内部が全て真壁になっています。

中庭を囲むように土間スペースが巡るコの字型プランになっており、
瓦を貼ったこの土間スペースがこの住宅の大きなポイントで
この部分に大きなスペースが割かれ、
地盤とのレベル差を抑えるような工夫がなされています。

土間スペースの奥行きが1間(たぶん)、クリ材による300φの列柱に
グレーペンガラスがはめ込まれた外部との境界からの軒の出が1500mm。
部屋からはかなり奥行きのある構成になっています。


(居間スペースは茶室と繋がっており、天井は寄棟の形状に合わせた段状の
上がり天井で間接照明が入っています)

コの字型に配置されたプランは、現在のライフスタイルなどの家族像からすれば
かなりパブリック的な部分が優先されているため使いづらいところも
あるかもしれませんが、住宅というより美術館のような建物で
ディテールや素材に対し相当な労力が費やされています。

庭への開放性という部分においては、
嵌め殺しガラスを使用してもやはり閉鎖感があり
本来の伝統的日本住宅の開放性とは違うため
リラックスできるような感覚とは違う住宅との印象を持ちました。

師匠である白井晟一氏の住宅を実際に見た経験がないため
白井さんとの相違などよりもこの住宅を通し白井氏について推し量るしか
ないのですが、白井氏の住宅というのは日本の伝統的なものと
氏の留学先であったドイツを通した西洋的なものがミックスされたもので
むかし、よく話題になった村野藤吾氏との比較論(村野の軽さに対し
白井の重さなど)についてもう一度、読んでみたくなりました。