BLOG

きょう月曜日は10月の最終日。
10月にしては、とても寒く感じられ急に鍋が食べたくなりました。

夜の7時30分を過ぎ、スタッフに声を掛け、もつ鍋を誘う。
松尾さんは現在、進行している現場の書類準備にあと30~40分待って欲しいと
言われ、8時15分での予約を入れました。

8時近くになり、事務所のなかをソワソワして歩き回っていると-----—

いきなり外の扉が開き-----–

「お誕生日!おめでとうございまーす!!」

と叫びながら元スタッフの平野くんと西岡さんはかわいいお嬢さんを二人連れ
飛び込んで来ました!

エッ!!ナニ??

突然のサプライズに驚くとともに、すぐに事態が飲み込め、
有り難いなあという気持ちが沸き上がり
元スタッフ一同からというお祝いのプレゼントを頂きながら
このサプライズが事前に今のスタッフに知らさせれていないのであれば
なにも用意していなかった二人にとっては気まずいのではと
急に不安になったところ-----–
ふたりからもワインのプレゼントが------。
なんだあ!君たちもグルだったの!と言いながら安堵。
昨日、西岡さんより連絡をもらいタイミングについて
メールで常に連絡を取り合っていたとのこと。

年を取ると一瞬でいろいろな感情が沸き起こることに
自分自身驚きました。

これまでスタッフの誕生日を含め、
アトリエにおいてはお祝いしない方針にしており
今回は還暦を迎えた60才という特別なことで有り難くお気持ちを頂きますが
今後は気を遣わないで下さい。
静かに年を取っていくことにしますので。

みなさん本当にありがとうございました。

     

きょうは60回目の誕生日。
たまたま日曜日でしたが妻は仕事のため一人でゆっくりと過ごしました。
還暦のお祝いなどさらさらするつもりはなかったのですが
7月末に妻の退社と還暦のお祝いを兼ねて近しい方々で
ささやかなお祝いのパーティーをして頂きました。
妻とボクの共通の知り合いとなれば
やはり町田ひろこインテリアコーディネーターアカデミースクールの
講師や生徒として30年近くお付き合いのある方々となり
女性ではコーディネーターとして活躍されている
森山さん、田中優子さん、長住さん、橋詰さん、
男性では柳瀬真澄さん、田中俊彰さんそして今回の企画を立てて頂いた
ミスターフローリングのヒラじいこと平安さん。

今泉にある中華料理屋さんでのパーティーとなりました。

柳瀬氏の還暦パーティーにおいて着られた赤ちゃんちゃんこと帽子を被り、
「けまりじゃ!けまりじゃ!」と叫ぶボク
けまり?と思われるかもしれませんが-----昔から柳瀬氏がボクに対し
つけたあだ名のようなもので—-ボクの笑い方がかん高く、ホ、ホ、ホという
雰囲気が平安貴族のけまりじゃ!と言っているような感じらしい-----。

そして妻、女性は帽子を被ってもおかしくありません。

散々酒の肴にされた後、お開きとなりました。

みなさんありがとうございました!
次は、田中俊彰さんが還暦を迎えるまで
ボクの方でこの赤ちゃんちゃんこを無事保管させて頂き
さらに次へとつなげていきたいと思っています。

みなさま!ご一緒に楽しく年を取りましょう!!

      

2016.10.24

細川の退団

昨日のプロ野球ニュースでソフトバンクの細川の退団を知りビックリ!
クライマックスシリーズにほとんど出ていた選手にも関わらず
来季の戦力構想からは外れているということでファームコーチを球団側が
打診したところ、現役続行にこだわるため退団となったということでした。
金子圭輔も戦力外通告を受けており、
金子もクライマックスシリーズにはベンチに入っていた選手にも関わらずです。
来季の戦力構想というのは当然、監督やコーチも入っての構想だと思うのですが
来季戦力外の選手を通常、CSで使うでしょうか?
また、それに工藤監督が関わっているのであれば、
一体、どういうことなのか疑問が出ます。
ボクは本来、CSには細川ではなく高谷を使うべきだと思っていたので
なんで細川を使ったのかますますわからなくなりました。

噂によれば、工藤監督と捕手陣の間には確執があるようなことが言われており
この報道の裏には何かあるような-----—-。

     
     

きょう日曜日は、妻は午後より仕事ということで
映画「ハドソンリバーの奇跡」を観に11時半より
ひとりで博多阪急に出掛けました。

最近、地下鉄で天神を素通りして博多駅へ行くことが多くなりました。
天神界隈はこれまでとあまり変わり映えしないということや
天神の方が若者向けで、博多駅の方が年配の方にはしっくりくるような-----
あくまでも感覚なのですが-----–。
また、博多阪急9Fのレストラン街くうてんと同一フロアにある
T・ジョイ博多シネマも座席が広めで傾斜があるためスクリーンがとても
見やすく落ち着きやすい映画館になっています。

レストランと映画館とデパートが一緒になっているため非常に便利です。
そういうこともあり、最近、ここで映画を観て、その後食事をし
そしてデパートの売り場をブラブラと歩き回るのが楽しく、ハマっています。

これまでデパートの紳士服売り場などここ10年ほど歩いたことがないなか
博多阪急6階にある紳士服売り場を歩いてみると
結構、リーズナブルでオジサンが着れるちょっとかっこいい服があるでは
ありませんか!
ジョゼフ・オムやカルバン・クラインなどは10年前はよく購入していましたが
最近はマリノアのアウトレットモールでNICOLE(ニコル)ばかりを
買っていました。TAKEO・KIKUCHIも買っていたのですが
最近、マリノアのアウトレットからは撤退したようで
そのTAKEO・KIKUCHIもあり、さらにMENS・BIGIも!
MENS・BIGIは30年前に買っていましたが懐かしい!
さらにジョゼフ・アブードというジョゼフの新シリーズもありました。
このフロアには、ボクが礼服用として購入したリングジャケットも入っています。

そうしたなかでミッシェル・クランという知らないブランドに
興味を引かれました。
いろいろと見ながら、今度、妻と来て試着してみたいと思っています。

映画「ハドソンリバーの奇跡」ですが監督は名匠クリント・イーストウッド
主演トム・ハンクスとくれば、全くはずれのない映画で
誰もが知っているあのニュースのなかの知らないヒューマンドラマを
飛行機事故の恐ろしさのなか、
巧みな構成と名優による演技によって淡々と見せてくれます。

 

        

頭の中が、現場のことでいっぱいのなか-----変な夢をみました-----。

どうやらボクは高校3年生のようですが
意識のなかでは高校卒業後何十年も経過しており試験勉強など全く
やっていないなか-----周りを見渡せばみんな参考書を開いて勉強しています。
どうやら明日が試験という状況で-----まったく用意をしていないボクは
ど、ど、どうしよう!と非常に焦ります。
そう、もう何十年も勉強していない感覚があってのあしたの試験!
ああ—-もう0点かもしれん!と思っていると
1年から3年までのそれぞれの担任がボクのところへ次々にやってきて
「オオイシ!お前!単位が2科目取れてないぞ!大丈夫かあ」と言われます。
え!単位が取れていない?------
「お前!あしたの試験で点数ば取れんかったら卒業できんぞ!」
ひゃあー、ど、どうしようと思う-----–。
もう、そうなったら留年するしかないなどと考えます。
留年したら1年下の学年のなかでうまくやっていけるだろうかと不安になる。
でも—-あれっ?—おれ—-高校卒業してないっけ?------
そういえば、大学にも確か行ったような-----—。

こ、これ、夢よ!きっと夢!
神様!夢でありますように-----–。

すると目が覚めました!

高校も大学も単位不足という経験もないのに
どうして変な夢をみたんでしょうか?

みなさん、試験勉強の恐怖って大人になった今でも
夢などに現れませんか?-----–