BLOG

建設会社のお客さんで当アトリエが設計監修した住宅が7月末に竣工。
本日、施主の方より工事に携わった方々を竣工パーティーに招待され
参加しました。
施主の奥様が上海の方で
北海道出身のご主人とは海外留学先で知り合われたようです。

福岡に居を構えることになり、
奥様からは現代的で日本的佇まいを求められました。
パーティーの乾杯の挨拶においてご主人から、引っ越した1日目からしっくりと
体にフィットした感覚があり、既成のマンションに住むということと
オーダーメイドによる住まいに住むということが
いかに違うのかがよくわかりましたというお話があり、
このプロジェクトに関わった嬉しさがこみ上げてきました。
それにしても引っ越されてまだ1か月しか経っていないにも関わらず
すごく片付けてありびっくりしました。
奥様の隅々に至る片付けと演出に感服しました。


(ダイニングコーナーは傾斜天井の下がったところに
ルイスポールセンのペンダントが下がり、
そこに135cmφの丸テーブルが置かれています。丸テーブルの良さは
座った時の和気あいあいとした距離感が素晴らしい!)

 

キッチンのレイアウトは計画段階から二転三転し、
最終的にフルオープンスタイルとなり背後の収納及び冷蔵庫スペースを
3本引きレールによる4枚戸ですべて隠すことになりましたが
調理時以外はキッチンカウンター上のものはすべて背後の収納に
しまわれているようで徹底されていました。

(洗面カウンター上のガラスモザイクをとても気に入られていました)

(2階主寝室で十分な広さを確保しています)

(傾斜天井部の低い部分を利用して落ち着いた空間を提案しています)

(寝室に付属した衣裳室、中央部に今まで使われていたチェストを置かれ
装身具の置き場として利用されています。奥の寝室への扉には姿見用の鏡
を貼っています)

(2階トイレ,絵が掛かっているトイレなんてかっこ良過ぎます! )

(2階廊下に面した書棚コーナー、奥はブリッジを通って空中和室へ)

(1階には男の子用ロフト付子供室と二人のお嬢さん用子供室があり
こちらはお嬢さんの部屋)

メインのリビングスペースや中庭、アプローチなど昼間のシーンについては
後日、機会があればご紹介したいと思います。

Mご夫妻さま、ありがとうございました。

     

さて21世紀美術館の周囲を開館時間の10時前に歩いてみました。

(こちらがメインエントランスがある正面で裏手に市役所が道路を挟んで対峙)

妹島さんは建物の外観スタディ模型を何百個と造るらしいですが
展示室が箱となって飛び出している部分の箱の重なりが
1周してみて必ずしも美しく配置されているようには感じませんでした。

箱型の展示スペースをひとつの円によって取り囲み、
余白が通路だったりギャラリーなどになって外部空間のランドスケープに
繋がって行くようになっています。

(この曲面ガラスには微妙なニュアンスの霞がかかったようなフイルムが
貼られています)


(メインエントランス受付、天井高さは通路部も含め4m)

(たぶん東からのサブエントランス、開館時間以降は誰でも通り抜ける
ことができるようになっています。)

通路スペースには所々に有料でしか入れない通路入口に開閉できる
ガラス框扉が設けられており、この部分の開閉操作により
展示室への順路を変更できるようになっています。


(無料で通行することができるホールから観た外部ランドスケープ
緩やかな起伏のなかに建っているのがわかります)

高さが4m以上ある巨大な曲面ガラスをタテ枠なしで支えることができている
大変な技術だと思います。ここの見せ方がこの美術館の重要なポイントで
真っ白な箱状の展示室が透明感のあるガラスにより
円形に囲われており、強い象徴性と求心力を感じます。

(巾2.5m、高さ4mの無料で通ることができる通路スペース)
開かれた美術館としてこの通路スペースを挙げることができますが
スチールでできた壁仕上げの空間を延々と歩くだけで
通路スペースからは展示スペースなどは意外にも見えません。


(中央部中庭前には入ることができました)


(地下のホール、ここはさすがインターナショナルな印象。)

妹島氏は複雑なプログラムや形をミニマムに美しく造ることができるとともに
常に外に対しどのように開くのかを思考している建築家だと思います。

    

  

連日の猛暑でぐったりしていますが
2,3日前から夜になると自宅の裏側で涼やかな虫の音が-----。
こおろぎのような—こおろぎよりももっと音色の良い鈴虫のような-----。
ああ、もうしばらくこの暑さを我慢すれば
やっと秋が来るのだと感じるようになりました-----。

我慢、我慢、あと少し我慢すれば-----—秋です!

       

2016.08.20

遠賀花火大会

1年前に計画中の遠賀S PROJECTのご自宅に招かれ
自宅前のお庭からまじかに遠賀花火大会を楽しませて頂きましたが
1年後の今日は、新しく竣工した駐車スペースから
さらにまじかに花火大会をバーベキューしながら楽しむことができました。

時折、手前の鹿児島本線を列車が通る中の背後の大花火は
非常に風情があって美しく、久しぶりにくつろぐことができました。
ご主人からはこの住宅の外観がとても気に入っていると言われ
嬉しい気分に!


(タマヤ―!)

帰りは、遠賀川駅より博多駅行普通電車の夜汽車にゴトゴトと揺られ
海老津で快速に乗り換え、最終の地下鉄でなんとか西新へ帰ることができましたが
何だかとても楽しい気分でした。

S ご夫妻さま ありがとうございました。

     

6月末にタイルメーカーの招待(交通費のみ)で大阪へ行くことがあり
久しぶりなので1泊することにして道頓堀近くのホテルに泊まりました。

折角だから大阪でおいしいお好み焼きを食べようと思い、ネットで探したところ
道頓堀にお店が比較的集中しているため決めたのですが------。

金曜日の夜にも関わらず、すごい人混みでしかもこの人混みの大半が
中国人、韓国人、タイ人だらけで道頓堀の食道楽は彼らでほとんど占拠されている
といってもいい状態で一瞬、ここは日本ではないのではと思いました。
福岡に住んでいると中国の方たちの爆買いがよく取り上げられていますが
ここはそんなレベルではなく、アジアからの凄い数の観光客で溢れかえっています。

おいしいと言われているお好み焼きも、ほとんど観光客による長蛇の列で
並んでじっと待つことが苦手なボクは、結局、裏手の人が少ない通りにある
お好み焼き屋さんに15分ほど並び入りました。
そこは大阪で評判の良いお店ということでしたが、
苦手なもんじゃ焼き風のお好み焼きでしかも甘く、
残念ながらボクの口には合いませんでした。

ホテルへの帰り道に川沿いを歩いているとラーメン一蘭の前に
ものすごい数のアジアからの観光客が列をつくり並んでました。
かれらには一蘭はすごく人気があるようで翌日の早朝も並んでました!

大学を卒業して親元を離れ、最初に住んだのが長居で
翌日、37年ぶりに行ってみることにしました。
大阪が初めてのボクにとってどこに住めばよいのか
よくわからないため会社の上司が決めてくれたところでしたが
さあこれから建築家の修行が始まるぞー!と思っていたボクにとり
とても下町の大阪らしいところで意気消沈しました------。

御堂筋線に乗り、サッカー場がある長居で下車。
たしか長居商店街の近くにあったという記憶を頼りにぶらぶら歩く。
アーケードの長居商店街の手前の折れた通りにあったようなと
思い出しながら歩いていると------ありました!
木賃2階建てアパートの吉野ハウスが!

ボクはアパートのこちら側の12時前後しか光が入らない1階の奥に
住んでました!

玄関を入ると懐かしいホールが、管理人のおばさんに
以前ここに住んでおり福岡から来た旨を告げて、
入口まわりだけ上がらせてもらう。

この暗い廊下の左手、奥から3番目くらいに1年半住んでいました。
トイレは共同でお風呂はなし、部屋は6畳一間で入口の90cmの間に人研ぎの流しと
ガスコンロ置き場あるだけのスペース。
そう言えば電話の取次ぎがありました。
ここで自分の将来について悶々としていたことを思い出します------。