BLOG

2016.01.31

建築の力

今日、日曜日は晴れ間が拡がり好条件に恵まれたなか吉野ヶ里のパノラマハウスの
オープンハウスを開くことができました。

昨日、設計事務所と施主検査を終えたばかりで手直し等は来週中に行われれる
予定で完全な状態ではありませんでしたがお天気のお陰で
この敷地環境を生かした建物として観て頂けたのではと思っています。

27日に行った遠賀のrippleもそうですが与えられた敷地環境において
建築が持つ力によってその環境をより以上のものへと変えてくれるのではと
感じることができたのは、自分のなかでの自信に繋がるような気がしています。

本日のオープンハウス向けに作った案内文に書いたコンセプトについてご紹介。

PANORAMA HOUSE

■ 与えられた風景を活かすためのコアとそれを取り巻くリングによる
  関係性の構築

計画敷地は佐賀県吉野ヶ里町に位置し、水田が拡がる田園地帯の一画にある。
敷地北側からは背振山地を遠望することができる。

恵まれた環境において、人はその良さを日々の生活の中で当たり前のものだと
判断し見過ごしてしまいがちである。
この敷地に初めて立った時、この風景を活かしたいと思うとともに
クライアントにも強い思いがあり大きな後押しとなった。

この風景を切り取るあるいは取り入れる為に単純な構成で表現できないか
検討を行った。それは、この風景をパノラマ状に水平方向の拡がりとして
切り取るというもの。

その結果、構造的なコアを中心として周囲にリング状の壁が取り巻き、
壁はすべてコアから持ち出した梁によって支えられ、全く柱のない開口部を通し
風景をパノラマ状に眺めることができればと考えた。
プランは910mmモジュールによるグリッドによって規則化され
構造上の木造梁型を空間に露出させている。

コアとその周囲を取り巻くリングとの間(奥行壁芯で1.82m)のスペースは、
内部のような外部、外部のような内部としての中間領域を形成している。

コア部分はプライバシーを確保した内部空間であり、コアとリングと風景による
関係性の構築が大きなテーマになっている。

コア部は黒く染色された杉板の壁によって囲まれた2層の箱で
1階には主寝室、WIC、フリースペースが入り
2階はリビング、ダイニング、パントリー、サニタリー

外周部のリングと黒い箱との間には
1階がポーチ、エントランス、ホール、階段、トイレ、ベランダ、自転車置場、
中庭
2階がキッチン。ユーティリティ、テラス、中庭となっている。

コアとリングの狭間は、風景を取り入れるために外部と非常にオープンな関係を
作り出そうとしている。そのためリング上の開口ディテールに検討を重ねた。

日々の生活の中でそれぞれの空間への行き来により
常に周囲に拡がる風景が無意識に沈殿し
それは時間の経過とともに何気ないシーンとなって
思い出の中に蓄積していく------。

 

建築家としての職業は強い意志が必要と言われています。
どんなことにも動じず、安易な妥協をせず、
相手にわかりやすく意図を伝え
粘り強く解決方法を探る。

外見的にはそうであっても------実は内面は非常にナイーブで弱さを抱え
ポーカーフェイスを押し通す。
したがって事務所のスタッフにさえ自分の弱さを見せないあるいは見せたくないと
考えている人は多いのでは。
それってきついですねえ。
ボクなどは事務所ではすべてさらけ出しています!
なんせメリーちゃんの心臓ですから-----—。

この1週間吉野ヶ里のオープンハウスを行うことを決定し、
このブログや知り合いにメールを送っていたのですが
現場は追い込み工事の最中で
なかなかかっこ良く見えてこず、だんだん不安に------。
ああ!—-もう!------どうする?-----とアトリエ内でひとり
雄たけびを上げていました。
なんせメリーちゃんの心臓ですからハラハラ、ドキドキ!

きょう2週間ぶりに晴れ間が戻り、現場に行って来ました。
天気も良く、空間の見え方は問題なく、
ぎりぎりで建具や家具もほぼセッティングされており
ようやく自信を取り戻す。

よし!あしたオープンハウスやるぞー!!ドンドコドン

みんな!待ってるぜー!!

最近、明け方によく夢を見ます。
きょうは面白い夢でした-----–。

イギリス在住の日本人のファッションデザイナーから住宅の依頼があるという
もう一体なんでそんな夢を見たのかよくわかりません。

日本人のファッションデザイナーはどうやら実家が福岡にあるらしく
そこを解体して新たに建てたいという依頼。(結構リアリティがあるんです)
そのデザイナーはご夫婦で活動されており奥様も日本人。

そこでスタッフのマツオさんとスミくんを連れイギリスへ打ち合わせに。
(残念!ここだけリアリティがありません)
ご主人は黒いすだれ状になった革のジャケットを着られており
(革の部分と透けた部分が交互になっているような感じ)
奥様は目の覚めるようなビビッドなライトブルーのセーター。
そこで思わず、他人がデザインした服を着ることがあるのか伺うと
自分たちは自分がデザインしたもの以外、着ないということでした。
(なるほどと妙に納得–でもパンツはどうだろうか?—ユニクロか)

福岡の敷地の状況と建て替えの説明を受けた後
おもむろに3つの屋根が高低差をつけずれながら重なったような屋根だけの
ご自分が作られた模型を取り出され、
空間のイメージについての説明を受ける。

すげえ!素人なのにさすがデザイナーと内心思う-----–。
打ち合わせが終わり、スタッフを連れ外を歩いていると
近くに有名な庭園があるらしく大勢の外国人の観光客が歩いています。

ああそう言えば、帰りの飛行機を予約しておらず
どうやって英語で話そうかなどと思っているところで目が覚めました。

昨年は11月に伊勢神宮にもお参りに行ったし-----–
新しい仕事の依頼—-来てエー!

きょうはジャンジャン降りの雨の中、オープンハウスに来ていただき
みなさんありがとうございました------。

昨年の3月26日に母が亡くなり、早いのものでもう1周忌を迎えます。
今回26日がたまたま土曜日ということもあり
東京の叔父と叔母に連絡し来てもらうことになりました。
そこで早速、シーホークに泊まってもらい夜はそこで中華料理でもてなそうと
ネットで調べてみたところなんと満室!
プロ野球の開幕戦と重なったと思いきや、毎年の開幕戦は3年前の順位で
決まっているそうで今年のホークスの開幕戦は楽天と仙台で行うことに
なっているようです。
すると何かコンサートなどで満室なんでしょうか。

その話をスタッフのマツオさんとしているとプロ野球好きの彼女から
今年のホークスの打順はどうなります?と聞かれました。

そこでボクの予想

1番 本田(2塁)昨年ケガで出番がなかったため今年は必死だと思います。
2番 明石(1塁)昨年の好調さを維持できるか
3番 柳田(外野)さて今年も本塁打を30本以上お願いします。
4番 内川(外野)昨年の不調を挽回すべく本人より再度4番を希望。
5番 松田(3塁)イデホの去就がはっきりしませんが。
6番 長谷川(DH)ケガから復活、今年は期待大。松田と打順を入れ替えるかも。
7番 中村(外野)昨年と同じ打順で頑張って欲しい。
8番 今宮(遊撃)守備の要であり今年は昨年よりもっと打率が上がるのでは。
9番 高谷(捕手)細川、鶴岡などと併用。

これを見ても凄いメンバーだと思います。
外人の助っ人を必要としない組み合わせです。
昨年のように3番から6番までを固定し試合に合わせ
それ以外を選手をどんどん使い分けるというやり方になるのでは。

さてどうでしょうか?

福岡は40年ぶりの大寒波ということで日曜日の今日
外は一面の雪景色になっています。
午前中からずっとー3℃前後で気温が上がらず初めての体験。
外の冷たさの体感を兼ね、コンビニに歩いて買い物に行ってみましたが
帰りに横断歩道で危うく滑ってころびそうになりました。

外出もままならず、家でじっとして音楽を聴いていました。

正月に帰省した次男より
アップルミュージックの聴き放題にファミリーサービスというのがあり
月々1500円払えば、家族6人まで聞き放題になるので
お父さんが入って欲しいというちゃっかりした提案がありました。

月々1500円ということなら毎月ネットでCDが購入できる金額で
そんなに毎月1枚買うほど音楽にお金を使っておらず
自分は払わないと言うと-----
3か月お試しサービスがあるというので聴いてみることに。

我々の世代って高校生の頃まではレコードでそれからカセットテープ
そしてCDになり一時MDまたCDになって現在はネットでダウンロードと
時代のなかでどんどん変遷を経験してきました。

(LPレコード懐かしいなあ—-いまだ捨てきれず持っていますが
今のところレコードプレイヤーがありません。
カセットテープも懐かしいなあ-----大学時代、付き合っている彼女に
自分がセレクトした音楽を曲順を考えながら録音し、
カセットケースのグラフィックも考えて
渡したこともありました------。)

そして今度は聞き放題ということで
一体、演奏者や作曲者はどのように利益を受け取るしくみになっているのか
わからなくなりました。

ネットがない時代、レコードやCDなどは買ってみないと他の曲がどんなかわからず
買って損したあと思ったことがどれほどあったことか。
それに比べ今はほんとに便利でネットで事前に曲の内容も聴けるし
我々の世代にとってはいい時代だなあと思ってしまいます。

今日のように冬の寒い日、閉じ込められた空間で
音楽を聴くにはいいのかもしれません。

聞き放題サービスとはいえ、
どのように調べ何から聴けばよいのかよくわからなくては
うまく使えないことになりますが、
このサービスでは最初に自分の好きなジャンルの音楽を強弱をつけて
選択すると毎日、過去のデータベースのなかから探し出し
提案してきます。
さらにその中から聴いてみて好きだとボタンを押すと
より好みの音楽を見つけ出してくれるようで
これまでの自分の狭かった音楽の領域を拡げてくれる面白さがあります。

音楽が持つ芸術性をコンサートホールで体感することも素晴らしいことですが
日々の生活のなかで音楽は創造性を拡げるサプリメントとしても必要です。

さてさて1500円—-払うしかないのかなあ-----–。
まんまと次男の策略に乗せられたような-----–。