BLOG

7月末の平日、佐賀県立美術館で開催されている
吉岡徳仁による「トルネード展」に行って来ました。

かれは当初、インテリアデザイナーの大御所である倉俣史郎さんに師事し
その後、ファッションデザイナーの三宅一生さんのところで修業され
独立後は家具デザインやインダストリアルデザインなどを
主に手掛けられている印象がありましたが、
最近、次第に自然現象を基にしたインスタレーションをイタリア・ミラノで開催される
ミラノサローネのLexus、SWAROVSKI、MOROSOなどで発表し、
デザインの領域を超えたアート作品として表現されるようになってきています。

ボクも自然現象の抽象化には非常に興味があり、
かれがそれに向かって取り組まれてことをとても羨ましく思っています。
今回の会場構成は何十万本によるストローの集積が浮遊しているような錯覚に
囚われる抽象化された漂う雲のような中を歩き回りながら、
ポイントポイントに置かれている自然現象に基づくアート作品としての椅子を
鑑賞することができるようになっていました。
特に水の塊をガラスの素材を使って表現した「WATER BLOCK」は
素晴らしく、水の表面が風によって小さくささくれ立つ様が見事に表現されており
水の透明性と流体性を感じさせます。

(オルセー美術館で使用されているWATER BLOCK)

作品の数は数点と少ないにもかかわらず、十分見応えのある展覧会になっており
ここ数年のかれの活動を紹介したビデオは非常に面白く拝見させて頂きました。
そのなかで京都のお寺の境内に作ったガラスの茶室が紹介されていましたが
やはり自然現象を抽象化して建築的なものとして表現することは難しく
茶室をすべてガラスで作るという行為は、外国人っぽくて
日本人の価値観からすると違和感を覚えます。
それは影の存在に対する受け止め方がないからであり
ああーもうボクってダメー!と思っていたころが
おこがましくもなーーんだ!とちょっとばかり安心-----—-。

この企画展が行われた佐賀県立美術館はリニューアルオープンということらしく
エントランスホールから各展示室へつながる空間は流動的で
壁の仕上げはコンクリート打ち放し、床は洗いざらしのようなモルタルでありながら
非常に気持ちよく、美術館で床がモルタル仕上げというのは初めて観ましたが
むしろ目地のないプレーンな感じがミニマムでこういう場では
よく合っていると思いました。
それに比べ、展示室の天井は照明や空調の吹き出しなどいろいろなものがついており
「トルネード展」では天井が何もないプレーンな空間であれば
さらに浮遊感が出たようにも思われ、改めて天井の存在について考えさせられました。

その後、接続されている通路を通り隣の佐賀県立博物館へ。
この建物は、第一工房の高橋てい一さんと東大の内田祥哉さんが
1971年に建築学会賞を受賞されており、お恥ずかしい話ですが初めて観ました。
内部は1階の中央ホールから2階の外部に向かい4方向に飛び出した大階段を上がって
展示室を見て回るというダイナミックな構成と
プレキャストコンクリート製格子梁による構造で大阪万博当時の前衛として
力強い建物でした。


(4方向に飛び出す大階段の壁に設置されている手すり)


(巨大なステンレスワイヤーが手すりに使われておりびっくり!かっこいい!)

2階展示室は佐賀の郷土の歴史関連のものが展示されていましたが
その中に昔の民家の模型がありよく見てみると------。

ひゃあー!!今にも通じる「ジョウゴ造りの家」
これってNKSアーキクツの末廣夫妻がよく使っている雨水処理方法じゃん!

-----こんなところに前衛のヒントがあると思うと—-昔を学ぶということは決して
古いということではないと思いました。

東京オリンピックのエンブレムが発表され、盗作問題を含め議論されています。
今回のエンブレムデザインを見て
デザインに関わっている人たちの感想はどうなんでしょうか?

1964年に行われた東京オリンピックの亀倉雄策氏によるエンブレムデザインが
あまりにも秀逸で素晴らしいため、あのデザインを知っているものとして
どうしても比較してしまい、今回のデザインを安っぽく感じてしまいます。

亀倉雄策氏によるエンブレム、シンプルで力強く美しく感じます。

佐野研二郎氏によるエンブレム。
偉大な亀倉氏に尊敬の念を抱いてのデザインということですが
大きな構成として上部にシンボルマークを配し、次に五輪マークと西暦を入れ替え
円のシンボルマークの軌跡を表しているのも
亀倉氏のデザインを踏襲していることが感じられます。

亀倉氏に対するリスペクトと言われていますが、
亀倉デザインをベースに手を加えるということはいいのだろうかと思ってしまいます。
もうすでにこの段階でこのデザイナーの本質が見え隠れしているようにも思えます。

またグラフィックデザインにおいて書体(ゴシック、イタリック、ローマン等)の選択は
非常に重要で新しい書体を作ることもデザインの一部となっていますが
このエンブレムのTOKYOUの書体がTOTOと同じように見え
新しさもかっこ良さもボクには感じられません。
さらに西暦を丸い書体に変えていますがこれはどういう意味なんでしょうか。

どうみても51年前の1964年のデザインを越えておらず、
現在の日本は、むかしのフジヤマ、ゲイシャというイメージから大きく脱皮して
世界中からクールジャパンとしてかっこ良く思われているにも関わらず
過去の亀倉氏の呪縛から解き放たれた新たな価値観の提案となっていないことが
日本人として悔しい気持ちになります。

ちなみにネットではこの誘致用エンブレムの方がずっといいと言われていますが
ボクもそう思います。

2015.08.13

I くんの来所

今年の4月ごろからスタッフ募集の案内をホームページに載せていますが
設計事務所に就職したいと考えている学生が少なくなり
残念ながらほとんど反応がありません。

9年前にスタッフ募集を行った際、大学の後輩である藤山さんの採用を決めたところ
熊本出身で東北大学からドイツのアーヘン工科大学に留学されたI くんより
履歴書が送られてきて2名採用するかどうか悩んだことがありました。
かれはたまたま旅行先のスペインでSMALL HOUSEという本を購入し
そこに掲載されていた当アトリエのCITY CUBEを見て入りたい!と思ったようでした。

9年の歳月が流れ、盆休みに入る前に彼から連絡があり
熊本への里帰りで今回は福岡に寄ることになったため
アトリエに挨拶に伺いたいということでした。 

9年間のかれの人生は、東京の著名なアトリエ系組織設計事務所に入られ、
結婚をし、昨年、設計チーフとして転職後お子さんにも恵まれ、
新たな展開に踏み出されているようでした。
かれがボクのアトリエに入っていれば、また自分の人生も大きく変わっていたと
言われていましたが、人の出会いは縁でもあり人生の方向を大きく左右させます。
あの時、ぽくに勇気があって思い切って藤山とともにかれを採用していれば
ボクの人生も含め、お互いにとってまた違った展開になっていたかもしれません。

直接お会いしてお話を聞けば聞くほど、ぼくの建築に対し理解を頂いており
とても有難く思いました。

折角、寄って頂いたのでCITY CUBEを案内しました。

I くんこれからもお互いにガンバロウ!

当アトリエの今年の盆休みは13日から16日としていましたが
きょうは土曜の夜から帰省していた次男が東京に戻るため
送りを兼ねてお昼を長浜の元祖長浜屋ラーメンに連れて行ったところ
長蛇の列で時間がかかりそうなため近くの分家の方へ行き
食べることができました。

どうやら世の中は、今週からお盆休みなんですね。
お盆で実家のある福岡へ帰ってきて、懐かしい味のラーメンが忘れられず
食べに来ているという推測-----次男も同じ理由です------。
走っている車も他県ナンバーが多く、道路はいつもより混雑していました。
そういえば、昨夜は月曜日にも関わらず、行きつけのお店はどこも満席で
4件目でやっと入ることができたのも
盆休みの始まりということで多かったのかもしれません。

15時に吉野ヶ里の現場打ち合わせのため佐賀市内の建設会社に出向き
その後、現場に立ち寄ったところ、施主であるご主人が真っ黒に日焼けされ、
おられたので,盆休みはいつからですか?と尋ねると
先週の土曜日からだそうで昨夜、釣りで1泊され帰ってこられたとのこと。
ひゃあ!!やっぱり、企業は9連休なんだということがわかりました。
いいなあ!!

建築を志し,遅くまで一生懸命、図面を描いている若い諸君!
君たちは盆休みさえも十分に取れずに頑張っていると思うけど-----
世の中がそうだということを知ったボクは
なんだか自分も次第に休日モードの気持ちになってきて-----

仕事を早く切り上げたいという思いが募ります!!

もう—-帰っちゃおう!

7月27日にNKSアーキテクツの末廣さんより見学の案内を頂き
スタッフとともに熊本の壺川の住宅を見てきました。

外観は平屋建てのコンクリート壁により矩形に囲まれた建物ですが
内部はすべての部屋の平面が5面体から6面体で計画され、
ハチの巣のような大胆なプランとなっておりその交叉部に
120度に曲げた厚さ6mmの3つの鉄板を内部の心材を挟み溶接された柱が
上部のプレート状の梁にカーブを描きながら接続され屋根の垂直荷重を支えているという
計画的にも構造的にも非常に斬新な住宅でした。

梁とつながった柱群により部屋の領域が規定されながらも
欄間部を通し空間がワンルームのように連続しています。
屋根にトップライトが設置された部屋は梁から吊るされたデッキプレートによる2重天井で
太陽の直射光をバウンドさせ拡散させる装置となっており
部屋によって高さが微妙に変えられています。

説明によると柱上部のカーブは構造的に必要なものではないということのようで
たぶん部屋の領域性を明確にするための面状としての工夫なのかもしれません。
ボクにはそれがゴシック建築のアーチのように感じられたのですが-----。

平面計画における多様な均一性やたくさんの柱が立ち並ぶ空間の複雑性など
これまでのNKSの住宅とはだいぶ趣を異にした建物となっており
担当の渕上さんの説明を聞いているうちに
あれっ?もしかして渕上さんといえば、2009年の九大卒業制作発表会において
「オノマトぺ」をコンセプトにしていたあの娘ではと思い出しました。
他の発表者に対しユニークだったので記憶に残っていました。
昨年4月の台湾旅行にもスタッフとして来られており、
その時はそういうことを全く思い出さなかったのですが
アトリエに戻り、福岡デザインレビュー2009を確認してみると
そこにも出品されていて間違っていませんでした。

「オノマトペ」とはフランス語で擬音語、擬態語を指し、オノマトペを使うことで
多様な空間をイメージさせ感覚的に居場所を選ぶ建築を目指すというもので
たとえば「きらきら」、「ふわふわ」、「もこもこ」、「ぎざぎざ」、「つるつる」、「くしゃくしゃ」など
その擬音語に合わせた多様な断面をもつ住戸の集合体がプレゼンテーション
されていました。

したがってこの住宅はこれまでのNKSの住宅とは違う印象を受け
それは担当者の個性がなんらかのかたちでこれまで以上に反映されているような
思いを抱いたのですが-----–。

大胆な構成のなか、中庭周り、外部出入り口まわり、置き型エアコンの吹き出しまわり
などのラフなデザインと繊細なディテールなどが混在しており
発想はさすがで非常に面白いと思いましたが、詰め方によってはもっといろんな展開が
できたかもしれないと いう思いを抱きました。
でも住宅建築をこのような前衛として作ることができるというのは羨ましく
NKSアーキテクツの仕事ぶりにはいつも刺激を受けています。
ありがとうございました。