BLOG

昨年後半ごろからつま先裏側の痛みと右ひざじん帯部分が痛く、
ウォーキングを止めていました。
整形外科で診てもらい1瞬間に2回程度温熱治療で通うように言われ
最初、数回通ってましたが、だいたいこんな治療で果たして良くなるのかと思い
だんだん行かなくなりました。
ウォーキングを控えているうちに少しずつ痛みが自然に取れ、
シューズも専用のウォーキングシューズに買い替え、
歩いてみたところ痛みも再発せず、
いままで15年近く履いていたシューズによる故障だったことがわかりました。
物を大事に扱うということは本来いいことの筈なのですが
すり減った靴で歩くことが足を痛めることにつながるなんて
靴の性能がいかに大事か改めて思い知らされました。

そこで1月ごろからウォーキングを徐々に再開し、
4月からは仕事日でも夕方に1時間ほど海を見ながら歩くようにしています。

子供たちから贈られたナイキのフルバンドを左手に装着して動くと1日当たりの
エネルギー消費量がバンド上に表示され、1週間、1か月の合計消費量が携帯で
確認できるようになっているため
いろいろな数値目標をクリアすると
携帯での画面でトロフィーがもらえることができ
目標数値を目指してやる気が出るようになっています。

ボクみたいな面倒くさがりやにとって、目標設定が明確に出るとやる気がわいてくるもので
このフルバンドを毎日つけて歩いています。
動くことで数値が増えるため、これまで近くのコンビニに行くことでさえ
車を使っていたのが歩いて行くようになりました。

じゃあオオイシさん!さぞ痩せたんですねーと期待されそうですが
体重計に載ってみたら71kgあり、なかなか70kgを切りません。
ここ2か月こんなに歩いても体重が落ちないということは
70kgに絶対死守脂肪防衛ラインが強固に築かれているからだろうと思い
そこを突破するため継続は力なりと念じながら
成果が出なくても努力し続けることで
いつかがくんと落ちることを期待して
今日も歩いています!!

2年前の体重68kgになればいいのであと3kgなんですが------。

 

大刀洗 T PROJECTは百道 H PROJECTと同じみぞえ住宅さんで施工が進行中。
外部はこれから外壁に白のハイドロテクト塗装を行います。

内部は壁、天井の塗装工事が完了しこれから2階リビング・ダイニングのタイル床張りを
行う予定。

2階北側の大きく取られた開口部からは素晴らしい田園風景の拡がりを
堪能することができます。

 

2階内部は十字型のワンルームになっており屋根勾配に合わせた天井が
3方向から中央に向かって下がってきます。

2015.05.13

49日法要

母の49日法要で妻とともに八女に行って来ました。
通常49日法要では親族が集まるものですが、
父方の親族はみな関東で高齢化しており
母方も四姉妹で唯一、叔母が100歳で存命中で関東のホームに入っており
伯父、叔母には声を掛けませんでした。
母の子供はボクと姉がいますが、
姉も他界しており姉の子供たちも結婚して子供がまだ小さく大変だろうと考え、
我々の子供たちも東京から呼ばず二人で済ませることにしました。

お寺でお経をあげて頂き、その後住職に位牌の扱い方について尋ねると
浄土真宗では位牌は置かなくてよいそうで
これまでの戒名が書かれた札を過去帳にまとめてもらうことになりました。
その間、近くで食事を済ませ納骨堂に向かいました。

この納骨堂では 地域に住まわれていた祖先の霊が祭られており
周辺に住む世話人たちによって共同管理され、
八女らしい茶畑の中の小高い丘にぽつんと建てられています。
また春にはたくさんの桜が咲き、桜の下で年に1回の法要が営まれます。
そういえば桜の季節に亡くなった母にとって環境はすごくいいと思うのですが
田舎の古い納骨堂で中は骨壺の幅が入るくらいの巾の狭い祭壇で
あまりにも質素で可哀そうな気がしました。
これから先、ゆくゆくはボクも入ることになりますが
いっそ福岡市内に移した方がよいのかこのままでいいのか考えてしまいます。

大石家といっても祖父は長男ではないようでしたがって
この納骨堂には祖父の代からしか祭られておらず
思いきってボクの代に福岡市内近郊に移してもいいと思うのですが-----–。

お墓のことなどこれまで全く他人事のように思っていましたが
いざ自分が喪主としての当事者になると
いろいろと検討しなければならない課題が出てきます。

とにかくボクの自宅1階のゲストルームをメモリアルルームとするため
中のご本尊を取り出し仏壇も破棄してそこへシンプルな祭壇スペースを設け
父が撮影した写真帳やオーディオなどを配置して
毎日お参りができる居心地の良い場所になればと考えています。

百道 H PROJECTの足場が解体されました。
腰の杉板部分は設計において黒に染色する予定でしたが施主よりナチュラルで
いきたいと言われ、現在、うすい白染色で提案していますが
クリアがいいと言われています。
建物は川側に向かって直行より15度海側に振れており
これはクライアントの家相による指示ですが、結果的には2階デッキ部分が
川側に少し向いた状態となりこれで良かったと思います。

来年の1月以降で新卒、既卒を問わずアトリエのスタッフを募集しています!

当アトリエを卒業したOBたちも活躍しています。
アトリエのホームページのINFORMATIONの欄及びプロフィール欄を確認のうえ
詳しい内容について知りたい方はメールでの問い合わせも受け付けますので
よろしくお願いします。