BLOG

26日の朝早く、母が入院している病院から連絡があり
見舞いのため東京から帰っていた子供たちとともに家族4人で
最後を看取りました。

浜の町病院から早良病院へ転院しリハビリをして自宅復帰を目指していたのですが
母の肝硬変はかなり進んでおり、先生から今月越せるかどうかと言われました。
そこで東京にいる伯父、叔母や子供たちに連絡をしていました。

亡くなる前日に長男が妻とともに見舞いに行き、
夕刻に着いた次男は26日に見舞いに行く予定でした。
ボクは24日に母が食べたいと言っていたやきいもを必死で探して回り
買ってきたものを二つに分け、食べさせてあげました—-。

東京の伯父と叔母は、父方の三男と三女ですが
中高生の時に父が通学のために引き取り、狭い社宅でいっしょに生活をしていたため
ボクや姉にとっては、兄弟のような存在で
伯父や叔母も母のことを慕っていつも気にかけてくれていました。
ふたりとも見舞いにくるつもりで当日、準備していたため夕刻に駆けつけてくれました。

親族が見舞いにくるタイミングを見計らったように静かに息を引き取ったのは
きっと、みんなに迷惑を掛けないように
天国から父と姉が迎えに来たのでしょう-----–。

母は四姉妹の四女として台湾で生まれ、
専売公社の支局長だった実家は比較的裕福だったようですが
戦後、財産を没収され故郷の八女に引き上げて来ました。
父は、終戦時、北朝鮮あたりで捕虜となり、
収容所を脱走後再び捕虜となって
モスクワ近郊で抑留され数年後、日本へ戻ることができました。
二人は知人の紹介で知り合ったようですが
父は長男としてたくさんの兄弟の面倒を見なければならず
母はそれを受け入れ苦労しながら家計のやりくりをしていたようです。
体は強い方ではなく、いくつもの大手術を乗り越えながら
娘の死も受け入れなければならないことに対し
すべて自分がこの世に生まれ、積まなければならない修養だと捉えていました。

宝塚にあこがれ、ファッションに対しても個性的だった母から
ボクは感性を受け継ぎ、父からは合理的現実性を受け継いだように思います。

1週間で会社と身内の大切な人を続けて失い、精神的に疲れました-----。

26日(木)の夜、お通夜、27日(金)に告別式を家族葬で済ませ
今回、母が亡くなったことは親族と母の知人以外は誰にも知らせず行いました。

28日、土曜日は打ち合わせが4件もあり、さすがに夕方頃から目の上が痛くなりました。

29日、日曜日にようやく一息つくことができましたが、
今後、法要や遺品整理を含めやらなければならないことがいっぱいあります。

これからは毎年、桜が咲き始めるころに母を想い出すことになりそうです-----–。

毎日新聞朝刊に3月より連載が始まった平野啓一郎による「マチネの終わりに」を
読ませてもらっていますが、このなかで興味深い文章がありました。

通常、過去は我々の記憶のなかで変わらないものとして捉えがちです。
それは様々な関係性のなかで成立している思い出であり印象であり考えです。
未来における出来事により関係性の捉え方が変われば過去における
何かが変わることになるというのは確かにそうだろうと思います。

クラッシクギターリストの主人公の言葉をご紹介

「前略—展開を通じて、そうかあの主題にはこんなポテンシャルがあったのかと気がつく。
そうすると、そのテーマは、最初と同じようには聞こえない。
花の姿を知らないまま眺めた蕾は、知ってからは、振り返った記憶の中で、
もう同じ蕾じゃない。音楽は、未来に向かって一直線に前進するだけじゃなくて、
絶えずこんなふうに、過去に向かっても広がっていく。そういうことが理解できなければ、
フーガなんて形式の面白さは、さっぱりわからないですから。」

「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。
だけど、実際は、未来は常に過去を変えているんです。変えられるとも言えるし、
変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」

さてフーガのような建築ってどうでしょうか?

文学的捉え方以外につい建築と関連付けて考えてしまいます-----。

昨夜は、高校の同級生で竹中工務店の吉田くんが3月1日より
九州支店の支店長になったのをお祝いした集まりに出席。

もともとはボクと大学同期の井本くんがたまたま用事で会社に連絡したところ
秘書とのやり取りで昇進が判明、急遽、彼が音頭を取り
お祝いの会をすることになりました。

出席者は吉田くんと九州大学で同期のY設計室の家原くん、
福岡地所の子会社サンライフの元社長でコンサルタント会社を立ち上げた津田くん
そして元メイ建築研究所で現在独立されている河野さん、
同大学建築学科助教授の末廣香織さん、梓設計支社長の前田さん
吉田、家原、津田、大石は修猷館高校の同級生で
前田さんは同高校の後輩。
吉田、家原、津田は九州大学建築学科の同級で河野、末廣、前田さんは同大学の後輩。
さらに無重力計画の井本とボクは九州芸術工科大学(九大に吸収され廃校)
で同級という錯綜した関係。
そして日本設計九州支店、支社長の森さんとミスターフローリングの平安さん。

これまで歴代支店長で設計部出身は初めてだそうですが
14年に渡る再開発プロジェクト「ハービス大阪」を手掛け、
その後、設計部長として九州に赴任してきた当時から
いろいろな集まりや見学会に貪欲に顔を出し、
ゼネコン設計者の枠組みに囚われないかれの積極性は素晴らしく、
かつ、はなしは非常にソフトで気配りも長けていました。
オヤジバンドでピアノも弾き、かっこよ過ぎます!

だからかれの支店長就任は本当に嬉しく思っています。

大刀洗T PROJECTは、来週より外壁のノンクラックモルタルの施工予定で
内部は現在、石膏ボードの下張が行われています。

2階子世帯の4つに分けられた天井がボード張りにより明確になってきました。
北側の大きな開口部を通し、田園地帯の風景を眺めることができます。

きょうは、朝から新規クライアントからご相談を受けている敷地の法的制約の確認のため
スタッフのマツオさんとともに朝倉市役所、土木事務所等を回りました。

その後、アトリエに戻り、今度は吉野ヶ里 I PROJECTの構造形式を鉄骨から木造へ
変更した図面渡しで佐賀へ。

昨日、日帰りで1日空けただけでいろいろと仕事がたまっており
帰ってからは、その対応に追われました。