BLOG

2014.11.29

緊急の連絡

金曜日から土曜日になった深夜、
なかなか寝つかれずリビングでしばらくテレビを観て午前1時半頃就寝。
明け方ベッド横に置いている携帯の振動音が
眠りの世界の遠くから鳴っているのにようやく気付き
常々万が一の場合の母からの緊急連絡に備えていた意識が急速に回り出し
ベッドから跳ね起きて携帯をつかみました。
母からでした-----–。
トイレに行った後、息ができず苦しいので
救急車を呼んで欲しいという緊急の連絡。
時計をみると午前4時半です。
いっしょに起きた妻は、朝から仕事のため自分だけで対応することにし
顔を洗って歯を磨き、急いで着替え、それから119番に連絡。
家を出て、まだ真っ暗な朝方の雨上がりの寒さのなか
近くのマンションにいる母の所に駆けつけました。

救急からは、もし倒れていたらそこからもう一度連絡するように言われていました。
(たぶん救急がくるまで人工呼吸のやり方の指示があったのかもしれません)
行ってみるとリビングの電話台横の椅子に腰掛けている母を見て、少し安心。
症状について尋ねた後、母の指示に従い保険証の確認を行ない入院を想定しての
持って行く物のチェック。
そうこうしているうちに遠くからサイレンの音が近づいてきました。
オートロックの解錠をして3名の救急隊員がエレベーターに乗り
担架を持って上がって来られました。

年齢、持病、行きつけの病院、症状などの確認をした後
寝た状態では息が苦しいと母が言うので
担架を座った状態で担げるようにして3人がかりで運び出しました。
家の中の電気を消し確認をおこなってから一緒に救急車に乗り込む。
車の中は、いろいろな器具がぶら下がり
さながら野戦病院のような状態。
家で心配している妻に連絡。

車はいつも定期検診で母が通っている浜の町病院へ向かう。
緊急で働かれている救急隊員の方々には頭が下がります。
また、緊急時受け入れてくれる浜の町病院にも有難く思います。

病院の救急処置室に入れられた母の状況説明を
ようやく空が白みはじめたなか受ける。
思ったほど深刻ではなく、経過観察のため取り敢えず入院することに。

それにしても、いつかこんな状況が起こることの心構えはしてたものの
携帯を消音のままにしていた事とバッテリーが僅かしか残っていなかった事など
(母は携帯を鳴らしても音声に切り替わるため、何度もかけたとのこと)
気をつけておかねばならないと思いました。

時刻は午前7時半ごろ。3時間しか眠っておらずどっと疲れる。
今日土曜日は仕事開始が10時からですが、
たぶん帰ってすぐには眠れないだろうと思い、
近くにある長浜ラーメンに寄って帰りました。
風呂に入り、ヒゲをそり、着替え、家の前の落ち葉を清掃。
いつもより30分早く出社してさあ仕事!

いつも年末にかけてバタバタしているので、今年は早めにやろうと思い立ち

1、まずは今年の売り上げと経費を確定申告用にまとめ、
12月の初旬に税理士さんへ相談。
  今年儲かっている可能性が高い元スタッフの平野くんと西岡さんに電話をかけ
  来年ものすごく税金を取られる可能性があるからと脅かし
  確定申告用に今年の分を11月中にまとめ税理士に相談するよう
  余計なお世話かもしれないけれど指示。 

2、次にいつも期限ぎりぎりの発注だったお歳暮を早々に予約。

3、そして今年の年賀状にする建物の写真を決め、発注の予定。
  その後、1日10枚ほど書いていけば、晴れて年末は忙しさから解放!!

3つの目標を立て、2つは実行、残りはもっとも難題の年賀状のみ。

バラ色の年末に向けGO!!GO!!

昨年から今年にかけて竣工した3つの住宅

Analley House(路地の家)

Atrium(アトリウム)

Country House Kama(田園の家・嘉麻)

ホームページにアップしましたので興味のある方はご覧下さい!

さあ、連休で2日間休んだし、きょうからがんばるぞー—-と思っていると
昼の2時ごろ携帯に西岡さんから電話が-----。
新建築の撮影でカメラマンの方が福岡に来ており、きょうは雨で撮影が中止のため
良かったら集まって飲みましょうという声が掛かったけれど
彼女は予定があり、ボクにどうかということでした。

なんだ代わりかと思いつつも、マツダグミの松田くんがみんなに声をかけているようで
佐賀大の平瀬さんも来るそうで
清原くんや元スタッフの平野くんもフットサルの後、参加する予定とのこと。

どうしようか迷いながらも行くという返事をしたところ、
それから2時間後に今度はミスターフローリングの平安さんから電話。
「オオイシさん!きのうのお誘いはご予定があったようで残念でしたが今日はいかがですか?」

—-ひゃあーきょうはモテル!なあ------。

一瞬、平安氏と飲もうかなと心が動きましたが、先約があるのでまた、
ということで2日間続けてお断りすることに-----申し訳ありません!

19時半ごろ集合場所の筑紫女学園高校の近くにある赤坂の蕎麦屋に行くと
新建築社の中山氏(千葉出身で九産大写真科卒とのこと、
昨日柳瀬さん設計のKOTO HOUSEの撮影で福岡入り)、
松田くん、井上聡くんがいて飲んでいました。

井上くんの話題が奥が深くとても面白いと思いましたが
中山さんも極めて論理派で弁が立ち、二人を中心とした会話は飽きさせません。

そうこうしていると21時半ごろにフットサル組の清原、平野くんが井上くんと交代で合流。
さらに遅れてムーブデザインの坂本くん、最後に平瀬さんと斉藤昌平くんが来て
盛り上がりました。
ああー飲んだ、飲んだ!建築的にもっとも勢いがある世代のはなしが聞けて
とても勉強になりました。

西岡さーーん!ありがとう!!   行って良かったよー!

2014.11.24

萩へ

祭日のきょうは久しぶりに妻の休みと重なり
陶芸家の鈴木治展が行われている山口の萩美術館へドライブを兼ねて遠出。

自宅から高速を使い、約2時間あまりで到着。

これまで鈴木治という陶芸家を知りませんでしたが
陶芸を使うものから観るものへと変え、曲面の彫塑的マッシブな造形とシャープな稜線や
焼き物が醸し出す独特なテクスチャーには驚かされました。

妻とそれぞれの作品を観ながら感想を言い合っていると
館内の係りの女性から静かにするように注意を受けました。
特別に大声で話していた訳でもなく小さな声で話していたにもかかわらず
少しムカッときました。
果たして美術鑑賞というのは、黙って静かに観るものでしょうか?

作品を前にしてディスカッションして何が悪い!!と言いたい。
そう思うと12年前に作られたらしいこの美術館は外部も内部もすべて
御影石貼りのいかにもという感じで、ムカムカしてきました。

小さな都市に不似合いな豪勢な美術館、
祭日でありながら観ている人が数人しかいないという
がらんとした寂しさ。

美術館の在り方が問われているような問題意識を感じました------。