BLOG

先週の土曜日、平安氏の会社ミスターフローリングにおいて
第3回建築勉強会が開かれました。
今回のプレゼンテーターはNKSアーキテクツの末廣香織氏でした。

彼はオランダのベルラーヘ大学に留学されていたこともあり
冒頭はオランダ構造主義についての説明からスタート。

1970年代に学生だったぼくらの世代(50代半ば以降)にとって構造主義を唱えた
レヴィ―・ストロースやミッシェル・フーコーは建築を学んでいる者にとっての
難解な(当時も含め理解しがたかった思い)現代思想であり
よく専門の建築雑誌に取り上げられていました。

末廣氏によれば構造主義は難解ではなく、
言語に潜む構造を理解することと他ならないと言われ
当時、オランダでは集落の研究により構成に潜む構造形式を方法論として
当時の建築計画におけるプログラムに応用する試みが行われていたとして
アルド・ヴァン・アイクによるオランダの孤児院の写真を紹介されていました。

今回の末廣氏による解説のように当時、具体例を上げて
もっとわかりやすく説明してくれる先生がいればよかったのですが、
九大でもこの話は1年生の授業にされるらしく
優秀な九大生でも1年生ということもあり、よく理解するのは難しいと言われていました。

我々が学生時代の頃は磯崎新氏が全盛期で建築が哲学を通して論じられ
非常に難解で当時の学生はみな磯崎さん並みに哲学を論じることができなければ
建築家にはなれないと思い込むほど磯崎新の存在は
多大な影響があったと思います。
ボクも当時アトリエ系を目指さす、組織系事務所に入ったのも
そのようなコンプレックスがあってのことかもしれません------。

オランダ構造主義に続き、末廣さんが目指しているものは柔軟な構造主義というもので
構造主義をグリッドと捉えるならば
柔軟な構造主義は伊東豊雄氏設計の多摩美の図書館のプランのように
自由曲線による網目状のようなもので
最近、末廣さんの建物に曲線が多くなっているのも
無意識的にそのような方向性を持っているからかもしれないと言われていました。

そして現代建築においてはそのようなフレームのそれぞれに快適な場を作っていくこととして
アフォーダンスという言葉を上げられていました。
以前、近大の非常勤講師の授業において担当の岡田威海教授が
建築2年生にアフォーダンスについてレポートを書いてくるように言われていたのを
思い出しましたがそれまでアフォーダンスという言葉は全く聞いたこともなく
非常勤ながら「アホがダンスすると—-?」と内心思っていました------。

アフォーダンスとは認知心理学における言葉らしく
我々は環境を捉えるときに、行動を促進させたり、制限させたりするような特徴を
読み取っており、環境のこのような性質をアフォーダンスと呼んでいるそうです。
アフォーダンスをデザインに応用した事例として
ドアの取っ手が平板な場合、それを押すことをアフォードする。
取っ手がリングなら、それは引くことをアフォードする。

このように建築空間における場を作るとは
人の行動を促したり、誘導したりするような仕掛けも必要でそれを含め
社会構造と建築の空間構造を関連づけながらコンディションを作っていくというのが
NKSアーキテクツの考え方になっているということでした。

大学で講義を受けているような非常に面白い内容でした。
末廣氏の仕事で感心するのは、フェリー乗り場やコミュニティセンターなどの大型施設から
クリニックや大邸宅、小さな住宅に至るまで一貫性があって
結果的に施主の都合に振り回されずに作品になっていることであり
住宅でも大味になっていません。
それは常にそれに応じた構造の選択が適切であり
その構造を生かした構成と表現になっていることだと思いました。

次回、8月29日(金)第4回のプレゼンターは田中俊彰さんです。

前回、ブログで書いた「9ヶ月ぶりの実施設計」ですがスタッフとともにアトリエ全員で
大刀洗T PROJECTの図面を1ヶ月で描き上げ、現在、ボクのチェックに基づき
図面の修正を行っています。

ボクの担当図面は矩計図2枚、部分詳細図(基礎回り、棟先納まり、けらば納まり、門扉
表札、メンテ用キャットウォーク)2枚、玄関扉スケッチなどなど。

部分詳細図は今回家具詳細、開口部詳細も含め9枚になりました。

老眼のためか2時間以上パソコンの画面を見続けていると目がかすみ、疲れてきます。

もうそろそろ、実施図面はスタッフに全て任せたいのですが(チェックは必ずします)
まだ、3年目では難しいと思い、矩計図は構造との調整が必要で
プロポーションのチェックを兼ねるため極力、自分で描くようにしています。
特に今回の大刀洗T PROJECTは、十字型のプランに対し3方の片流れの屋根が
中央部に向け勾配が下がっているため構造フレームの架け方が難しく
(難しいのは内部の天井形状を屋根勾配に合わせて表現しようとしているためで
それが無ければどうにでもできることであって、こういうところでのこだわりによって
結果が大きく違ってくるところがデザインとしての面白いところです。)
ようやくアクソメによるスケッチで納まり方を見つけました。
この部分を突破するのに時間がかかりました。

明日の土曜日に施主への図面説明を行い、来週月曜日に筑羽工務店のハタさんに
図面を渡し見積もりをして頂く予定です。

さて今日からは来週末にプレゼ予定の
遠賀T PROJECTの案を一気にまとめる作業に入ります。
(あらかじめプランと立面のスケッチは2週間前にできています)

きょうの午後7時からは第3回建築勉強会でNKSアーキテクツの末廣香織氏によるプレゼ。
当アトリエはスタッフも含めもちろん全員出席です!

昨日、当アトリエの元スタッフ西岡(旧姓笠置)さんの
福岡県美しいまちづくり賞住宅部門大賞受賞をお祝いするパーティーが
有志一同によりフォルツアのオフィスで行われました。

主催の青木さんより女性として母として子育てをしながら
最初の住宅で大賞を受賞したことをみんなでお祝いしてあげたいという意向により
元上司のボクも幹事として名を連ね、参加しました。

彼女のデビュー作「Obi House」は建築学会主催の建築九州賞で次点、
リクシルのデザインコンテストで入選、新建築住宅特集への掲載決定と
一気にド派手なデビューであり、元上司としてとても嬉しく、誇らしく思っています。

祝賀パーティーは彼女の都合で平日の午後4時からということもあり
主に若手の建築家(といっても40代前半?)の方々が来られていました。
花束贈呈と出席者全員よりお祝いのスピーチがあり、
彼女もとても嬉しかったと思います。

次は元スタッフである平野公平氏に是非!がんばってもらいたいと思います。

午後6時より六本松の居酒屋に場を移し、2次会を行いました。
2次会の席では、ボクがコンペに入賞したことも話題に上がり
いろいろと言われましたが、このコンペ物件がおいしい物件で
それを狙って取ったボクが戦略的だと言われたことには少し引っかかるものが------。
かれが言いたいのはコンペを取るために僕らしさを捨てたのはおかしいと思われているようで
それは勘違いであるということを反論しました。

このコンペのプラン構成は長年、
内部と外部のつながりというテーマを追い求めていたコンセプトに基づき、
まさしくCITY CUBE,CASA CROSSに続く延長上にあるものです。
(元スタッフの西岡さんは1次会の時にそう言ってくれててよく理解してくれていました)
(また、当アトリエが最初から目指していたのは庭と間との関係において
集中した庭ではなく分散化された庭との関係性を作り出すもので
それを踏まえ、この案の前に別案も検討していましたが土地の広さが約60坪と
限定されたなかでは難しく、建物そのものは集中型でありながら
庭は分散化されているというこの案を提出することに決めた経緯があります。
したがって、最初からCITY CUBE,CASA CROSSの
延長を狙っていた訳でもありません。)

また、方形のフォルムがボクらしくないというのも間違っており
ボク自身は建築のフォルムを通し自分らしさを意識したことなど全くありません。
今回のコンペにおいては商品化住宅として構成と一体となった方形屋根とすることが
周辺環境への負荷を減らすことになると考え提案を行っています。

ボクとボクのブログに興味を持って頂いていることはとても有難いことですが
常々、物事は一面的ではなく複合的であると思っていますので
独断的に思い込まれるのはとても残念です。
(前回のブログにおけるコメントが言葉足らずでそう思わせたのであれば
ボク自身にも問題があったと反省しており、内容について一部修正しました。)

したがって2次会の席ではもっと具体的にはなしをさせてもらいましたが
今回のブログにおいて他の方にも間違われないように
考え方の軸についてのコメントを述べさせてもらいました。

4月25日に行われた第2回建築勉強会での懇親会で
田中俊彰さんが当アトリエのスタッフに
コンペに勝つためのポイントについてのお話をされているのを聞いたところ、

田中さんは過去、山口の中原中也記念館のコンペにおいて2等、
京都の小野小町記念館で1等を取られており、
中原中也コンペの授賞式後の懇親会において
審査委員からたくさんの応募案のなかから選び出すコツとして
本当か冗談かわかりませんが応募案を一束にして遠くへ向かって投げると
重い上等な用紙を使っている案は本気で取りたいと考え用紙にも気を遣っている案で
他の薄くて軽い用紙の案より遠くに飛ぶそうでその中から見て決めると言われたそうです。
それで小野小町のコンペ時に重い用紙を使ったら1等だった!ということでした。

ちょうど当アトリエも東日本ハウスのコンペ作業を行っているところでしたので
その言葉を信じて、キンコーズにある用紙の中からA2坂1枚6000円という
もっとも高い用紙に印刷して臨みました。
この用紙はこれまで見たことのない変わったもので
裏側から見ると印刷されたものが半透明で見えるシート状のもので
厚くはありませんがテラッっとしていながら重さがあり
微妙な色彩も全て問題なく印刷されていました。

このたび、田中さんの嘘のようなホントのような話を証明する形で2等となりました。
田中さんに感謝!!

今回、コンペの審査委員長が堀部安嗣さんということもあり
応募を決めた理由にもなっているのですが、
スタッフの松尾さんが持っていた『堀部安嗣の建築』(TOTO版、2007年)を読み込み
プランや考え方などについてとても参考になるとともに勉強になりました。
光と影、奥行、間合いなど彼自身が撮影された住宅のなかの生活のシーンには
何気ないなかに、いやらしさを感じさせない静かな趣というものが感じられます。

プレゼンテーションの方法については、スタッフとディスカッションを行って
説明的になり過ぎず詩的なものが表現できればと考えました。
入賞作品を見てみると結果的に思惑が見事に外れ
説明が少ないにも関わらずよく選ばれたなと思っています。
ただ、実際の審査ではA2サイズで見られるため
パースなどは全体とのバランスを考えわざと小さめにレイアウトしており
A2サイズでの確認において見づらくない程度にとどめています。
(A3の縮小で見るとかなり小さく見えますが—-)

それとちょっと自慢するとすれば模型は1/100の縮尺モデルで小さいですが
屋根の部分を4ミリ巾の短柵状に切ったものを2ミリほど重ねながら
段葺きと同じように貼っているため画像を大きく拡大した場合に
屋根の存在にリアリティが出ていると思います。
また、模型写真の背景は青空と雲が写っているのですが
色味を抑えるために白黒にしています。

最優秀作品を見てみると選定条件のポイントとして商品化がもっとも重要視されているようで
堀部さんのイメージと和×モダンというタイトルによって、当アトリエも含めみなさん
商品化よりもそちらの方にウエイトを置いていたのではと思いました。
商品化であれば3年前に当アトリエが提案している
マキハウスの商品化住宅CASA CROSSがあり
最優秀賞のプラン構成は基本的にCASA CROSSの考え方と同じです-----—-。

東日本ハウスデザインコンペ審査講評

http://www.higashinihon.co.jp/topics/201403compe/sohyou.php

 

帰福している次男と東京で働いている長男より父の日に合わせプレゼントをもらいました。
当初、ふたりはボクがウォーキング時に着ている服があまりにもダサいため
スポーツウェアを見にナイキのショップに行ったそうですが
あまり似合った服が見当たらず、このプレゼントにしたとのこと。

リストバンドになっている中身は一日のカロリー消費量のデータをスマートフォンに送れる
すぐれもので黒いバンドの裏面にあるボタンを押すと
一見ビニールチューブのような黒い面に時間が浮き出て表示され時計代わりにもなります。
さすがかっこいい!!

Sへい!Sぞう!!ありがとう!!!
足が治ったらこれで一生懸命ウォーキングして痩せなければ!

きょうは夕方より二人の母と次男とともに中華料理店で就職とコンペ入賞のお祝い!!
カンパ―――イ!!