BLOG

このブログで香椎O PROJECTのオープンハウス案内を出しましたが
今のところ、設計も含め意外と少ないので、拍子抜けしています。

今回、サーマスラブ(土壌蓄熱暖房)やオーダーキッチンのアムスタイルさんなども
確認できますので、設計の方などで興味のある方は土曜日までにご連絡下さい。
土曜日中に施主に対し見学者リスト(住所、氏名)を提出することになっていますので
よろしくお願い致します。

きょうは夕方より香椎O PROJECTの照明確認を行いました。
外部のスポットライトの照射位置や角度の設定、ローポール灯の位置などを
細かく指示。

内部は明るさについて問題ないかなどのチェックを行いました。

博多湾に沈む夕日が見えるなどこの土地からの眺望に感動。

今年、85才になった母ですが昨年は入退院を繰り返し、大変な年でした。
ボクの自宅のすぐ近くのマンションに引っ越しようやく新たな生活にも慣れてきたようで
取り敢えず安心しています。

定期的に病院への検診に付き添いで行っていますが
新しくなった浜の町病院の売店で必ず、このベビースターの「パンスティック」という
スナック菓子をたくさん買い込みます。

とにかくおいしいから食べてごらんと言われ、味わってみると
フランスパンのような棒状のスナックでバターの甘みと塩味が効いて
ほんとうにおいしく思いました。

85才でポテトチップスやスナック菓子が好きなんて、
老人に懐くイメージとかけ離れているのですが
うちの母が特殊なんでしょうか?

先月はポテトチップスの食べ過ぎでカリウムの数値が異常に上がり
病院から注意され数値を下げる薬をきちんと飲み、ポテトチップスを控えたところ
今月は正常値に戻りました。

持病があるということは、定期的に健診を受ける結果となり
早い段階で体の具合をチェックでき、決して悪いことばかりではありません。

きょうは晴天に恵まれ、暖かくなりました。
スタッフのマツオとともに広川 M PROJECTの配筋検査に行って来ました。

木造の平屋建てですが敷地2区画を使ってかなり大きく感じます。
手前部分が2台の車が入るガレージと庇下に1台駐車できるスペースになっており
ここから建物がヒモ状に屈折しながら空間が連続していきます。
車庫とエントランスの明確な分離は施主からのご要望であり
エントランス回りのフォーマリティーを求められた結果でのあり方になっています。
したがって敷地状況とプランにおいて極めて整合性のある内容です。

たくさんの模型を作りながら設計期間に1年ほどかかって詰めて行きましたが
いよいよ形が立ち上がります。
上棟は2月中旬となります。

施工は筑羽工務店でハタさんが「面白か建物になりますばい!」と言ってくれ大変嬉しく思っています。

本日、施主のご了解を得ましたので
香椎 O PROJECTのオープンハウスを来週2月2日日曜日に
行うことにしました。

時間は午後1時から5時までとします。

興味のある方は、メールでお問い合わせください。

ただしお子様連れはご遠慮下さい。
また、当アトリエと面識のない方の場合、住宅を検討されている方に限ります。

お問い合わせ

メールの場合  oishi.architect@jcom.home.ne.jp

電話の場合   092-823-0882

FAXの場合   092-823-0925