BLOG

4月に竣工した田川 T PROJECTの造園工事の状況について
確認に行ってきました。

道路側の造園はほぼ完了し引き続きリビングが面する南側庭の水盤工事に
移るようです。

都市計画道路によって分断された敷地の鉄骨造平屋建てに
計画道路外の敷地に鉄筋コンクリート造2階建ての建物を繋ぎ
東から西に向かって三つのグループに段差を付け
次第に高さが低くなり西側の景色に対峙しています。

RC造の外壁に使用したボーダータイルと杉板化粧型枠による打ち放し仕上げの壁が
構造体の違いを乗り越え、重なり合いお互いにミックスすることにより
全体デザインにおける一体化を目指しています。

 

家相も加わり全体構成においてとても難しい条件でした。
結果的に出来上がるまでに3年を要しています。

建物のところどころに設定された外部と繋がるスリットに植栽がうまく植えられています。

トイレからもお庭が見えます。

先日、プロトハウスでの会話の中で筑羽工務店の話題があがりました。

現在進めているアトリエのプロジェクトの見積もりを
半年前から予約しているんですよと自慢げに言ったところ
プロトさんのほうもうちだって6つの物件を
だいぶ前からお願いしているということを言われました。
ひゃあーハタさんところ凄い!!
ほんとに行列ができる工務店という状態です。

ただ、筑羽工務店のハタさんには
施工を行う場所についての好みがあるらしいとのはなしが—-。
それによると筑羽工務店の会社がある大宰府より南側の地域は湯布院でも行って
請け負って頂けるらしいのですが、
それより北の飯塚、田川、北九州では
施工をしたがらないらしいという—う・わ・さ—-

はたしてそれは筑羽工務店の都市伝説となるでしょうか?

2013.07.21

参議院選挙

午前中に西新小学校の投票所に出向き参議院選挙の投票を済ませました。

参議院の必要性についてよくテレビで議論されていますが
自分の経験から言わせてもらえば、
参議院は政党や候補者を選ぶ全国区を対象とした比例区だけにして
衆議院選挙は比例区を外し選挙区のみにした方が両院の違いが明確になって
いいのではと思います。

これまで参議院議員になられても一体どのような活動をされているのか
さっぱり見えてこない方が多く、いつ解散されるのか任期が不定期の衆議院と違い
6年という長さの約束された任期のなかで
どうしても安穏となってしまうのではないでしょうか?

さらに世の中の動きが速くなっているなか、
6年前の状況は様変わりしていることを考えると
改選期間を6年から3年に変えるべきだと思います。

自民党の安倍総理に対し日本経済の立て直しを期待していますが
今回の選挙のように盛り上がりに欠ける選挙も面白くありません。

そんななかいろいろ批判されながらも
山本太郎が当選したことは一石を投じるもので
原発問題に対するかれの一途な訴えによって
心を動かせた人もいたのだと思います。
もう一人ではないというフレーズを言われていましたが
次のステップとして国会のなかで一人で何ができるのか
とても大きな壁を彼がどのように動かすのか
大きな試練が待っていると思います。

みんながしらけているなか、知識人に冷笑されながら
愚直におかしいということを訴え続けている彼の当選は
今回の選挙において何か意味があるのではないでしょうか。

2013.07.20

3度のサウナ

きょうは人吉~熊本の2つの現場を巡るシルバーコース

前回と打って変わり、人吉の現場は汗が噴きだし止まらない状態で
ほとんどサウナ風呂に入っているような感じ。
シャツもズボンも下着もすべてがぐっしょりとなり
現場での打ち合わせ後、着替えを含め近くの温泉に行きました。

スタッフの松尾さんは着替えを持ってきていないため、空調が効いたロビーで待ってもらい
一人で温泉に-----—あー気持ちいい!!
生まれて初めて仕事の合間に温泉に入りました。
べたべたした汗を温泉で流し、備え付けのサウナにも入りすっきりとなりました。

それから気持ちを入れ替え、熊本目指し出発。
熊本の現場は先週より気温は2℃ほど低く36.5℃ぐらいですが
湿度が高いのか非常に汗が出て再び、サウナ状態に-----。

1日に3度サウナに入ったような感じでヘロヘロでアトリエに5時に帰社。
疲れました-----–。
きょうは早く切り上げたいのですが
いろいろとやらなければならないことがあり
スタッフに指示を出して確認待ち----------。

昨日、突然、元スタッフで旧姓カサギの西岡さんがアトリエに来所。
近況について伺いました。
非常に忙しそうで二人の子供を保育園に預けながらも
たぶん持ち前のスピードと頭のキレを生かして
人の1.5倍は仕事をしているのではないかと思いました。
彼女が凄いのはそれでも表情に余裕があるということかもしれません。

他の元スタッフ平野くんや有吉くんも今年に入り
ようやくいろいろと仕事が入り、
大石アトリエの元スタッフはみな順調のようで何よりだと思いました。

それに比べ-----うちのアトリエも当面は忙しくしていますが2か月先の新規物件の
はなしがなく、おーーい!!なんかこーーい!!とアトリエ内で叫んでいたところ
企画物件のはなしが舞い込んできました。
キタ―!キタ―!ということで
どうなるかわかりませんが頑張ることに!