BLOG

ネット上のスポーツ欄に前楽天監督の野村克也氏の人生哲学として
「不器用な方が最後は勝つ」というインタビューが掲載され
建築を志されている若い人たちへの応援にもなる言葉を述べられていますので
一部割愛して御紹介します。

「いま考えるとね、プロ野球で生きていくための基礎作りを、
もう子供のときからやっていたということだよ。
何がそのときの一番の財産かと言ったら、我慢強い、忍耐強い、持続性があること。
やっぱり、子供時代に身につけたことだと思う。
人が我慢できないことを、オレは我慢できる。」

中略

「人に追いつき追い越そうと思ったら、
人と同じことをやっていたら、いつまでたっても追いつけない。
単純な原理だ。
子供でも分かる。
年齢に関係なく誰でも考えるよ。
ただ実行するかしないか。あと一歩の努力や。
みんな並みの努力はする。
あと一歩やるか、あと一回、あと一時間やるかどうかが勝負。」

素振りは単調な反復動作だ。同じように、語学習得や業務作業といった「反復練習」も
決して楽しくはない。
そもそも本当に成果が出るのかさえ分からない。
そんな不安やいら立ちを覚えながらも、野村さんは自分自身から逃げなかった。
選手、監督として成功した今、
分かったのは「努力にはいつか成果がある」ということだった。
結果を出してきた76歳の名将が振り返る言葉には説得力があふれている。

-苦労してテスト入団したのに、1年後の19歳で解雇を言い渡されたとき、
どう思いました?

「もう生きていく望みはないと思ったな。
これから長い人生、オレ何をして生きていくんだよと-----—。
野球以外はできないし、勉強したことは忘れちゃっているから、
いまさら入社試験を受けても受かるわけがない。
母親はプロに行くのを反対していたし、帰るところない-----。
お先真っ暗。
あの時は本当に悩んだね。」

-「故郷に帰れない。もしクビにされたなら南海電車に飛び込みます!」と泣いて
球団マネージャーに頭を下げ、温情でもう1年契約延長してもらったときの気持ちは?

「思い切ってやって、思い切ってクビを切られてやると。
悔いが残らないようにしようと思った。」

-名もない高校生がプロテストに挑戦。クビを宣告されても粘る。
なりふり構わない行動でチャンスをもぎ取ってきたと言えます。

「人間、追い詰められたら何でもできるよ。恥ずかしいとか怖いとか-----–
恐怖感も羞恥心もなくなっちゃう。」

-仕事でも趣味でも、あきらめずにコツコツと続けるために必要なことは何ですか?

「やっぱり興味とか好奇心、モチベーション。
そういうものを感じると頑張ろうという気になる。

「世の中にはいろんな名言があるけど{人間、3人の友を持て}という。
これも名言だと思うよ。
3人の友-----–原理原則を教えてくれる人、師と仰ぐ人、直言してくれる人。
この直言してくれる人が、なかなかいない。
オレにはこの年になって誰もいない。
奥さんだけだ。

-人生のピンチを乗り切るヒントを教えて下さい。

「苦境に立たされたとき、考え方ひとつじゃない?
プラス思考になれる人と、マイナス思考になって
どんどん深みにハマッて落ち込んで行く人。2通りある。

-プラス思考はなぜ大切でしょうか?

「人間は思考と感情という2大要素を持っている。
そこの使い方だわな。
感じるから考える-----–。
やっぱり考え方というものが行動の起点になるんじゃない?
思考が人生を決定する。
考え方が取り組みになって、それを実行していって、人間がつくられていく。

-プラス思考とマイナス思考。どちらの道を選ぶかによって、人間の中身が変わり、
ひいては人生までも変わってしまう-----–ということでしょうか?

「人間はそういう風にみんな平等になっているんだよ。
だから、苦境に立たされたとき、どう感じてどう考えるか。
思考と感情がどう働くか。
それだけの勝負や。
不器用な人間は苦労するけど、
徹してやれば器用な人間より不器用な方が、最後は勝つよ。」

大事な人生、自分で早々に結論を出すのではなく、粘って、粘って
真摯に意見を聞いた上で行動することが必要だと思います。
嫌なことでも、絶対に逃げずに面と向かい合うことができれば
必ず、何かが残り、人間として成長することができると思います。

2011.08.17

他力本願

二人になった4月以降、プロジェクトの模型はスタッフのフジヤマが造っていましたが
どうしても忙しい時は、近大4年の田中さんに応援に来てもらい
手伝ってもらっていました。

彼女の模型は学生にも関わらず、とても精密で、素早く非常に助かっていました。
発想も素晴らしく、来年のアトリエのスタッフとして入らないか誘って
迷われていましたが、大学院に進級されることになり残念に思っています。
その後も時々応援に来てもらい
盆明けも依頼してみたのですが、帰省中とのことで
やりくりを思案していたところ
以前、当アトリエにオープンデスクに来ていた九大、芸工卒のNくんよりメール。
1、2ヶ月インターンしてみたいとのことでした。
今年は何だか、非常についています。
日頃の行いがいいのか、困った時に神様が応援を差し延べてくれます。
さらに助っ人の登場で、この夏を乗り切りたいと思います。

29日からは九産大3年のSくんがオープンデスクに来る予定です。

助っ人、OB達による他力本願でがんばるぞー!


昨年末に依頼があり、今年の1月にご提案してから進めていました
糸島、南風台、「空に向かって開け!PROJECT」の地鎮祭が本日行なわれました。
施主の方が遠方にお住まいであり、お盆での帰省を利用しての地鎮祭となりました。

敷地周囲からプライバシーを確保するため、
約100坪の敷地に対し、中庭を中心に建物を3つに分棟配置、
渡り廊下で接続することにより囲み感を形成しています。


中庭に対する建物の圧迫感を和らげるために
中庭に向け片流れにして空に向け開いた形になっています。
名付けて「空に向かって開け!PROJECT」
「西に向かって開け!PROJECT」のFRAMING HOUSE
「公園に向かって開け!PROJECT」に続く
開け!PROJECTシリーズです。

建物は施主のご要望に合わせ、
屋根、壁をクロのガルバリウム鋼板による平葺き仕上げにしています。

リビング・ダイニング・キッチンスペース上部は、構造計算により検討された
巨大な吹き抜けになっています。
1階床は、主寝室のカーペット仕上げを除き全てタイル貼りで
土壌蓄熱暖房による床暖房方式を採用。
壁、天井仕上げをしっくいの下塗り材で仕上げる予定です。


銀河鉄道999のヒロイン、メーテルをイメージしたミスメーテルコンテスト
があるらしい-----–。
原作者の松本零士本人はあまり好きではありませんが、
松本さんが描く銀河鉄道の漫画でのメーテルの雰囲気や顔は好きでした。

テレビでのメーテルを担当されている声優の池田昌子さんの声がイメージにぴったりで
「テツロウ!」と呼ばれる声に憧れます。
あの声で「カズヒコ!-----—-。」と余韻を持たせ呼んで欲しい!

池田さんはオードリー・ヘプパーンの吹き替えで有名ですが
彼女の持っている清楚な美しさと声がマッチしており
たぶん僕のメーテルに対するイメージもそこから来ているのかもしれません。

ネットでミスメーテルコンテストなるものを見てみましたが
グラビア風アイドルにメーテルの帽子を被せただけのような感じで
メーテルのイメージが台無しになってしまうように思いました。

銀河鉄道999のテレビ版は、池田昌子が吹き替えしたメーテルの声だけが好きで
999の雰囲気は断然、動画より漫画の方がいいと思います。
999は確か、映画版もあり、
23才の冬の寒い夜、雪が散らつくなか
建築家を目指して
就職したばかりの彼女もいないボクは、
大阪の映画館にぶらりと一人で入り、
観た記憶があります-----—。
そう!-----—-もう31年前になります!

映画版では旅の終着駅である機械化惑星での真実が描かれ
よくできていたと思います。

あの映画版をもう一度、観てみたくなりました。

きょうは、スタッフのフジヤマとともに人吉に向けアトリエを10時半に出発。
昨年から人吉市内で土地を探され住宅を建てられる予定の方より連絡があり
候補地の確認の為向かいました。
午後1時過ぎに到着。
1年ぶりの人吉です。

土地は国道と河川に面した準工業地域で、変形した約400坪の敷地。
隣地との間に農業用用水路らしき側溝があり、土地とのレベル差が3m近く。
販売価格はかなり格安ですが、擁壁等の外構整備に費用がかかりそうな土地でした。
暑い日差しが降り注ぐ中での長い時間の立ち話は、過酷に思えたので
早めに切り上げて頂き、フジヤマと二人で敷地調査を行なう。
フジヤマの顔色が暑さでゆがみきつそうに見えたので
僕らも車に戻り、しばし休息。
たまらない暑さです。
次の熊本市での約束の時間にまだ間があるため
この土地について土木事務所と市役所の都市計画課に行き、確認を行なう。
結論から言えば、かなりリスクのある土地であり
さらに200坪程度の土地を探された上で、比較検討されることを勧めることに。

その後、人吉市内で昼食を取り熊本市へ。
先月からブログに載せていた4階建て住宅の提案。
建築基準法上、4階建ての場合、
竪穴区画及び2階リビング上部の吹き抜けに対しても
リビングは避難階でないため
防火シャッターによる区画がリビングフロアにも必要で、
かなり大掛かりになることが判明。

本来、竪穴区画は「主要構造部が準耐火構造で地階又は3階以上に居室がある建築物」
に適用されるのですが

(竪穴区画とは垂直方向の階段、吹き抜け等のシャフトなど空間が連続的に
タテ方向とつながっている部分と一般階を防火戸、シャッターなどで区画すること)

住宅の場合、緩和規定があり
階数が3階以内で延べ床面積が200㎡を越えなければ竪穴区画は不要です。
したがって、3階建てでも200㎡を越えると必要になります。
今回の住宅は200㎡を越えたものになります。

そこで、主要構造部が準耐火構造とは?ということで調べてみると

準耐火建築物とは、主要構造部を準耐火構造にしたイ準耐と
外壁を耐火構造としかつ屋根を不燃材料で造る等としたロ準耐に分かれており、

では、主要構造部とは?ということに。

「主要構造部は壁、柱、床、はり、屋根、階段をいい-----—-」と法文にあり
法文通りの解釈を行なえば、主要構造部の一部が成立していない場合
コンクリート造であってもロ準耐の成立が可能ということに。

したがって、階段の段板を木製で浮いた段板とするならば
主要構造部が成立しないためロ準耐ということになり、
ロ準耐は主要構造部が準耐火構造ではない為、
最初の定義である竪穴区画の条件に当てはまらなくなり、
結果的に竪穴区画は不要ということも可能であるということを
フジヤマの方で審査機関と打ち合わせを行ない詰めてもらいました。

竪穴区画が不要ということは、200㎡を越える3階建て住宅の計画において
自由に階段の位置を設定することができプランの自由度が増えることになります。

建築基準法の解釈を巡っての論議は、
あらゆる用途の建築物の創造性を実行する上での
専門性を必要とするルールに基づくものであり
一字一句確認を行なう粘り強さが要求されます。

午後9時半ごろアトリエに到着。
留守電を確認。
その後、すぐ近くに本日オープンしたばかりの広島風お好み焼き屋さんに
冷たいビールを飲みに二人で行きました-----—-。