BLOG


土曜日のレイトショーで、クリントイーストウッドが監督した「ヒアアフター」を
家族3人で観に行きました。

ヒアアフター、そのまま直訳して「ここのあと」という意味になりますが
死後の世界かもしれない臨死体験を扱った映画です。
そのように書くとSFかホラーかと思われるかもしれませんが
臨死体験という予期しないきっかけを通しての
人生における生と死のドラマを
ロサンゼルスとロンドン、パリに住む3人の人生を通して描いていきます。

状況の変化に巻き込まれていく人生と状況の変化を受け入れたくない人生
全く違うそれぞれの人生が淡々と丁寧に描かれながらも
物語として散漫にはなっておらず、演出による監督の力量を感じさせます。

全編を通しイーストウッドによる音楽が静かに流れ、
ところどころに風にそよぐ葉擦れの音が印象深く聞こえてきます。
それは死に対する精神的な深いダメージを受けたものに対する
癒しのようなものに感じました。
また、料理教室での相手の女性と交互に目隠しをして
スプーンで互いの口に運び
味を確認ながらさりげなく互いに対する興味を会話するシーンなどは
食を通しての食べるという行為がいかに官能的であるかとういうことを
気付かせてくれるとともに生というものを象徴的に浮かび上がらせていると思いました。

ぼくは、随分むかしに見たフランス映画ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の
「パリの空の下、セーヌは流れる」の様々に絡み合った人生模様を描いた作品を
思い出しました。
具体的なあらすじはもう完全に忘れてしまいましたが
あの頃の古いフランス映画のように様々な人生模様を描いた作品は大好きです。
「舞踏会の手帖」、「天井桟敷の人々」などなど
ハリウッド映画の娯楽大作を見慣れている人には、
この映画も含め退屈に感じるかもしれませんが、
映画を通し人生の意味を感じさせてくれるものもいいと思います。

ヒアアフターはボクがこれまで観たクリントイーストウッドの作品の中で
一番好きかもしれません。

百道 M PROJECTの足場が昨日解体されました。
昨日は東京出張で確認できませんでしたので、きょう早速現場へ。

これまで養生シートによって囲われ全く見えていなかった建物の全貌が一気に現れます。
現場を監理していてもっとも気分が高揚する瞬間です。

施主の奥様もお子さん達を連れ、見に来られていました。
内装がバタバタですが、後2週間後にお引越しとなります。
三つのこげ茶の箱の間に光のボイドが取られ、外部側は白いアルミのタテ格子によって
目隠しされます。 

竣工写真は住まわれてからの撮影になりそうです。

今日は春も真近かと思わせる暖かい日になりました。

2011.02.21

西新商店街

日曜日、プラリバの本屋に行き、芥川賞の受賞作が載っている文芸春秋を買い、
帰りに西新商店街をブラブラ歩いてみました。

ここ2ヶ月ぐらいで、次々にお店が閉店しています。
中国の人がやっていた「GSラーメン」、岩盤浴の「利楽園」、辛い料理が主体の「辛々」
九州初といううたい文句の溶けにくいソフトクリーム屋、
平塚明太子、セブンイレブンなどなど。
GSラーメンという名前もどういう意味があるのかわかりませんが
オジサンには、どうしてもガソリンスタンドとかグループサウンドのGSとかの
イメージが浮かんでしまいます。

料理店という職種は改めて厳しいんだなあと思いました。
岩盤浴も何度か行きましたが、岩盤浴だけで1800円ぐらい取られ、マッサージを
お願いすると時間にもよりますが5000円以上かかってしまいます。
整骨院などに行けば、保険が効いて1000円ちょっとでいろんな理学療法を
組み合わせたやり方でしてくれるそうで、
この不況ではみなさん+アルファのお金を出してまで定期的に高いところには
なかなか行けないというのが実状でしょうか。

そんななか、むかしからあるピラフの店「ダンケ」などは
入り口の蝋細工でできたメニューなど
埃を被った状態でとても入る気になれないように感じるのですが、
うちの女性スタッフによれば、女性誌が多く置いてあるのでよく行くそうです。
「ダンケ」なんてボクが高校生の時からあるお店で、
ほんとに長くよく続いていると思います。
「まあちゃんうどん」も無くなり、去年はラーメンの「しばらく」も倒産しました。
「しばらく」はボクもよく行き、お客さんも入っていたのに
どうしてつぶれたのかよくわかりません。
もう一度がんばって再開して欲しいと思います。


きょうは、雨の中、熊本 H PROJECTの現場へ。
工事も3月中旬竣工予定で残り1ヶ月となりましたが
リビングに置かれる赤いソファとの兼ね合いで最後まで決定が遅れていた
床のカーッペットの見本とそこから続く外部テラスのタイル見本を並べ、
施主に最終的な確認を行なって頂きました。

見本を確認していただく場合、床の見本はあくまで床に、壁の見本はあくまで壁に
立ててみることが必要です。また、必ず、自然の光が入るところで見ないと
実際の色の比較ができません。床と壁も置き方により光の反射の仕方が違うため
スタッフには必ず、守るように教えています。

カーペットの色は赤のソファがより洗練されたモダンに見えるように濃い目のグレーを
お勧めし決定となりました。

壁は、今回、ホワイトがメインですが一部、グレー色の壁があり
最近、JIMBOより出されたスイッチ、コンセントプレートを
それぞれの壁の色に合わせ、変えることにしています。

建築プロデュース会社のフォルツアに当アトリエは登録させていただいており
これまでは、施主をご紹介していただき面談で設計の依頼を受けていましたが
今回、初めて三者コンペに参加させてもらいました。

施主の方が購入された土地は、高取で当アトリエから歩いていけるところにあります。
せっかく近くですので是非、がんばりたいと思っています。
コンペの相手は、最近大豪邸の設計で全国的な知名度が上がっている
アーキタンツの福田さんとASJでの人気が高いアーキテクト憧の佐藤さんです。

この三人でのコンペですが、施主の方の要望はあくまで機能重視で
外観デザインは気にしないということでした。
機能重視とは言え、言われている内容は非常に納得がいくものであり
生活のしやすさについての明快な合理性を求められています。
生活における不都合な問題に対してのアイデアを含め、
いろいろな提案ができればと思っています。