BLOG

2010.12.31

大晦日

今年1年の最後の日。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
今年は、妻が勤務のシフトにより今日と明日が休みのため
家族全員で大掃除。
ボクは朝より、お風呂の掃除。
自分が入った浴槽を水を抜いた後、いつもの風呂屋の三助のように丹念に磨きピカピカに。
その後、ステンレスの排水溝蓋の中のモルタルで仕上げた表面にたくさんの髪と
体脂がへばりついた地獄のように汚い中を
使い古しの歯ブラシを使いながらきれいに。
ステンレスの排水溝蓋もシャワーを使ってお湯をかけながら歯ブラシによって
新品のようにきれいになりました。
その後、カビキラーを壁とモザイクタイルの目地にかけて歯ブラシで真っ白に。
あーすがすがしいと思わず思う。
次に、2階のデッキに面するトップライトの上に張った水が苔で緑がかっているため
デッキブラシでガラスの清掃を行ない、水を入れ替えることで
透明感のあるきれいなトップライトに。
さらに2階のデッキに面する大きなガラスにホースで水をかけ
ガラスの窓拭きを行いました。
横殴りの粉雪が吹き抜けていく悪天候で
非常に寒く、冷たい水にかじかんだ手が思うように動きません。
その後、1階の寝室とゲストルームの床を掃除機で清掃を行ない
時計を見ると午後の3時。
自分の役割はここらで完了。
4時より、
借りていたDVDビデオ SEXandTheCITY(劇場版)を妻とともに見ました。
凄くいい!と思いました。
恋愛映画としても女4人の友情を描いた作品としても
また、現在のニューヨークのファッションやデザインを描いていることも含め
リアルでかっこいい映画です。
これまで海外の映画で女性4人の友情を描いたものなどほとんど無かったのでは。
日本における最近の若い人たちが友達をとても大切にする世代であるということが
日本だけではなく同時代的な現象であるのではないだろうかと思いました。

さてさて、今年1年、みなさんいかがでしたでしょうか?
世の中がマイナス思考になってきていますが
来年こそは元気でお互いに頑張りましょう!

2010.12.28

仕事納め

きょうでアトリエは仕事納め。
スタッフ2人は朝から、アトリエの掃除。
いつの間にか増えてしまったカタログ類を必要なものとそうでないものとに選別。
スタディー模型やアンビルト模型、竣工した模型についても
思い切って捨てることに。
時間をかけ作った模型をあっさりと壊すことはとても残念なことですが
過去を振り返らず、心を鬼にして、グシャグシャに----------。

下足の床の掃き掃除、テーブルの拭き掃除などを終え、1年の垢を取り除き
すがすがしい気分に。

6時半より天神のソラリアプラザ6階にあるバイキング料理に飲み放題を付けた
忘年会を開催。
独立したヒラノも参加してくれ、1年の労をねぎらい乾杯しました。

11時ごろ、ほろ酔い気分で自宅に帰ると、
妻が郵便局よりボク宛の電話を取っている最中でした。
何だろう?今年はフフフッいつもより早く出したぜ!と思っていたのですが-----。

きょう、郵便局に出した年賀状数百枚を受付で受け取った女性の方が誤って
年賀ではなく一般郵便の箱に入れてしまったとのこと。
9時以降には東区の集配施設に集められ、
そこから全国の配送施設にトラック便で送られるらしいのですが、
そこの集配施設において一般郵便の中に年賀はがきが
混じっていたことから間違いが判明したとのこと。

通常、集配施設に集められる前にもよりの郵便局において
必ず年賀と一般郵便との区別確認を指示しているとのことですが、
今回、それが実行されておらず、
受付を含め二重のミスにつながったとのことでした。

集配の段階で気付き、30名近い応援の人間によって
全国に配送される前にほとんどのはがきを取り押さえたらしいのですが、
どうしても残り40枚がわからず
全国の配送施設に送られているとのことでした。

分配配送作業は1時間に郵便番号による区分けを機械によって何十万部と行っており
機械を止めることはできず、また、配送をストップさせることはできないため
後は、配送先で正月前に届くのを食い止めるしかないとのこと。
そこで、ボクがきょう出したと思われる年賀はがきのリストをFAXで送ってほしい
とのことでした。

アリャ!リャン!リャーーン!!
酔いが一変で醒めました-----—-。

急ぎ、自宅のパソコンに座り、住所録を開け打ち出しました。
そこから、記憶を辿りながら出した人のチェックを繰り返しますが
どうしても7名ほど多くなります。
〇印を付けた住所録をしょうがなく郵便局へFAXしました。
時計はすでに12時半を回っていました。

それを基に全国の郵便局に対し、しらみつぶしに確認してもらうメールを
打たれているそうです。
ちょっとしたミスが多くの人たちを巻き込み、
余計な労力をさせるかもしれないということであり、
どの仕事においてもそうですが、
通常仕事というものは、二重三重のチェック機構が構築されており
それでも、そういう網を掻い潜って問題が発生します。
問題が発生した場合の迅速な対応の仕方により
担当者の力量が問われるのかもしれません。

それにしても、正月前にボクちゃんの年賀状が届くかもしれましぇんが
すいまっしぇーーーん!!

2010.12.23

年賀状

天皇誕生日で祭日のきょうは、昼より昨年の年賀状のデータの更新。
毎年のことですが、年賀状はほんとに面倒くさく、いっそ全く出さなかったら
どんなに解放されることかと思ってしまいます。
妻が仕事に出た後、パソコンを触って2009年度の年賀状データにアクセスしようと
試みますが、パスワードが必要との表示。

昨年の住所録の欄に手書きでアクセスの仕方とPW 1005の表示。

ほほーこれか!と思い、
PW 1005を何度も打ち込みますがパスワードが違っています!との表示。
くそー!半角、全角、いろいろ試しても開きません。

ちきしょー!
妻の携帯に電話してみました。

「パスワードを打つけど全然開かんやん!」

妻「あなた何やってんの!PWはパスワードという意味、1005なのよ!」

-----–トホホ、バカっぽいオジサンの思い込みでした-----—。

昨夜、仕事を早目に切り上げ、家族3人で大濠公園で行われている
イルミネーションを見に行ってきました。

大濠公園は、公園デザインとしては茫洋としており見るべきものも特にない印象を
むかしから持っていますが、運動を行っている方にとっては都市の中の
貴重なジョギングコースとして利用されています。

そんななか、最近、スターバックスコーヒーの建物がジョギングコースに面して作られ
話題に上がっていました。
ちょうど地下鉄が通る明治通りから美術館に行く途中の絶妙な場所に作られており
これまで魅力の少なかったこの公園のスパイスになっていると思いました。

冬の夜の雨上がりのなか、コースをジョギングする人、運動部の学生の一団、
イルミネーションを見に来た人、寒い中、スターバックスでコーヒーを飲む人達など
この季節における都市の気持ちの良い賑わいが感じられ、
イルミネーションも含め、癒されました。

イルミネーションは、今週の26日までで夜の10時まで行われています。
どこかで食事をした帰りなどに、ちょっと寄ってコーヒーを飲みながら
イルミネーションを見て恋人と別れるというのもロマンチックな夜として
記念になると思いますが-----—-。

きょうは、朝より雪がちらつく寒い日となりました。
午後の2時より担当のフジヤマとともに熊本 H PROJECTの現場へ。

全てのアルミサッシが取り付けられ外装の下地工事が順調に進んでいます。
きょうは、笠木、見切り、水切の範囲及び納まりとサイディング板の目地割りの
指示で現場に来ました。

2つの中庭に挟まれたリビングスペースは、天井を高く取っています。
アルミサッシメーカーのトステムより出された
高さ2.83mまで対応可能なワイドウインというアルミサッシにより
従来より大きな開口部を取ることが可能になっています。

額縁面より40ミリサッシが引っ込んでいるため、
はめ殺し窓の場合、ガラスが壁と同面に見えるようになっています。
引き戸の場合、枠側のたて桟の見付けは80ミリ、反対側は40ミリになっており
室内からは見付け巾が40ミリしか見えないような納まりです。
高さが2.8m近くありながら40ミリの巾のサッシなど
気密性や水密性を確保した上ではアルミしかできない技術の結果だと言えます。
網戸もこの枠の中にプリーツ状のものが仕込まれており
昔から悩ましい問題についても随分、
考慮された商品が開発されるようになってきています。

出発時、福岡は気温が4℃でしたが、熊本は少し暖かく7℃でした。