BLOG

ランチを食べに、時々、西新商店街をブラブラすることがあります。
そして、ベスト電器で家電を見たりするこもあります。
そういう時で肩が凝っているときに利用するのが、ただで試用できるマッサージチェア。
よく、家電店でオバサンやオジサンたちが気持ち良さそうに
使っているのを見かけます。

そんななか、パナソニックから発売されたマッサージソファなるものを見つけました。
コンセプトは「これはマッサージする家具だ」というものです。

ヘェー!と思いおもわずカタログを取ってみました。
意外とかっこ良くデザインされており、
マッサージ機能が備わっているようには見えません。
これまで、マッサージ機能の椅子はモダンでもっと薄くシンプルな物も
他メーカーより出されていますが、フットマッサージ機能を内蔵したもので
デザインされたものはありませんでした。
特にこのフットマッサージ部分のダサさは尋常ではありませんでしたが
このソファは、うまく座の下に織り込んで内蔵されており、
問題点を解決しようとする試みがされています。

また、色のセレクトが可能でどの色味も昔と違い、非常にきれいな色が選ばれており、
家庭用の電気製品がインテリアとのコーディネートを意識して商品化されていることに
今後の日本がデザイン大国としてもっと成長していける可能性を感じます。


篠栗の家も竣工後2年半が経ちましたが、
この度、東屋の下に外部用のソファを置かれ、
ますます雰囲気のある住宅になってきました。
ソファもクッションも外部用でコーディネートはミッションの是永くんです。
昨夜は庭の浮いたデッキ間に仕掛けた演出用の照明を付けられ、
ここでお二人でお酒を飲まれたそうで
羨ましく思いました。
デッキもシルバーグレーに変色し、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
背後の壁は、庭を囲む道路側のへいで高さを抑え、向かいの住宅が
見えないように強化ガラスをへいの上に設置しフィルムを貼っています。

下の写真は、ベッドサイド用に奥さまがデザインされたものを
大川の前田建具の前田さんがむくで作ったテーブルで
プロ顔負けのデザインで脱帽です!

2010.10.27

初上棟


当アトリエのOBで昨年に独立した平野くんの初めての設計物件が
先週末に上棟したとのことでアトリエのスタッフ全員と一緒に見に行ってきました。
南区の池に面した約30坪の敷地で、敷地からの池の風景を借景として
空間を通し様々に切り取って見せることがコンセプトになっているとのこと。

1階の和室や2階ダイニングからは、
まじかに池の野性味溢れる桜を眺めることができ、
2階デッキから外部階段を通って屋上にも上がり、
景色を一望できるようになっており、
空間の高低差を使っての様々な見方が可能になっています。

平野くん初上棟おめでとう!!
3月のオープンハウスを楽しみにしています!

きょうは風が強く、寒い日になりました。
今月の28日より建築ジャーナルから「九州の建築家とつくる家」という本が
出版されます。九州在住の56人の建築家の住宅が取り上げてあり
当アトリエも紹介されていますので、今後、住宅を検討される方は
ご購入をよろしくお願い致します。1冊2000円です。


百道 M PROJECTの構造設計をお願いした神野さんが
きょう、東京より来て頂き鉄骨建て方の検査を行なってもらいました。
みぞえ住宅によるしっかりとした施工で手直しは全くありませんでした。
これまで、3階建ての鉄骨住宅の設計は経験はありますが
この住宅のように総3階建ては初めてで、外部周りを養生シートによって
囲われるとかなりのボリューム感があります。
それは、3つの3層のボックス間に取られた外部のヴォイドも空間ボリュームに
含まれている為、大きく感じるのだと思いました。
ヴォイド部の外周は全てアルミのタテ格子によって囲われるため
たぶんこの養生シートで囲われた状態と同じように見えるかもしれません。
そうであるならば、この外部スペースがかなり内部化されたものとして
見えそうで非常に期待感を持ちました。
2階からは、ヴォイドを通し1階と3階への抜け感があり
3階建てでしか経験できない立体的拡がりがあります。

道路側に面する3番目のボックスと2番目のボックスとを繋げるブリッジ部分の写真
でこの外部ヴォイド部の1階部分にシンボルツリーが植えられます。
3番目のボックスの1階はピロティ、2階がサニタリー、3階が子供室になっています。

神野さんは、松山くんとも仕事をされているので彼に連絡して
夜は、神野さん、松山さんとOBの平野の4人で博多座横の焼き鳥の信秀でお酒を飲み、
その後、グランドハイアットのバーで飲んで解散。
お疲れ様でした。