BLOG

人吉のI PROJECTのヒモ状の構造フレームによるプランについて
フジヤマも交え、アリヨシと打ち合わせを行ないました。

ヒモ状のスペースが単なる通路や吹き抜けになっているだけで面白くなく
それに挟まれたスペースに空間の変化を求めようとしていることに対し
そうではないという話をしました。
300坪という敷地において極端に伸ばされたヒモ状の形態によって
囲まれたスペースとの関係をデザインすることを考えていましたが、
フジヤマより敷地をヒモ状のスペースによって仕切る案が出され
興味を持ちました。
敷地の中の使われない、意味の無い余白を残すことではなく
そこに意味を与えることで住宅の小さなスペースで敷地全体全てを調整する方法。
クライアントの自然に対する二重の価値観をベースとして
閉じた自然と開いた自然を作ることで
外部と内部と言う1対1の関係性を0.5対0.5対1という
さらに複雑な関係性を作り出すことができるかもしれません。
この場合、ヒモという当初のコンセプトは形態による構成のアイデアへと変化し
敷地の中心部に全てがワンルーム化されたスペースのアウトラインに
集約させることになります。

2010.08.29

月光写真展


先週、王さんのご両親が上海より仕事で福岡に立ち寄られたそうで
その時、バスセンターのある三越百貨店で行なわれている
石川賢治の月光写真展をついでに見られ、とても良かったという話を聞きました。
最終日の日曜日、干物男のボクはほんとに暑い中、重い腰を上げ観て来ました。

満月の光によって照らし出された海中や山の陰影は、静かで、
宇宙との一体感を感じさせます。
太陽光の反射による月光は、たぶん月の土の色を拾い
幾分、グレー味をともなった反射光となり地球の夜の空間に降り注いでいます。
ブルートーンの中の陰影
地球の夜の美しさを感じさせてくれる写真展でした。

その後、天神地下街をブラブラ。
天神ビル地階の食堂街にあるステーキハウスのハンバーグ定食を食べました。
マスターによると本来、日曜日は開けていないそうですが
夜、予約が入ったため、たまたま、開けていたとのことでした。
天神ビルは今年で50年になるそうで、この店はオープンして25年目だそうです。
最初から入って今も営業されているお店は2店舗で
天ぷらの「酒宇」と水たきの「新三浦」さん。
天神ビルは竹中工務店の設計・施工で当時、九州支店の設計部長だった
岩本博行の設計ですが、竹中のスターアーキテクトの一人で後に
東京の国立劇場のコンぺを勝ち取った方です。

味のある茶褐色の外壁の磁器タイルは、その後の竹中のスタンダードになりますが
コーナーに丸みを帯びたステンレスのサッシは当時としては、外壁に対し
かなりモダンで斬新だっただろうと思います。
余談ですが、そんな竹中の九州支店、設計部長というポストに
高校の同級生の吉田くんがなり、頑張っていることは、
ボクにとっても自慢したいことです。

2010.08.28

初会合

昨日は、7時より王さんを自宅に招き、スタッフと家族でウエルカム焼肉パーティー。
からあげ、そうめん、冷奴なども食べていました。
盛り上がって、久しぶりに午前1時半ごろまでみんなで飲みました。
王さんが撮った写真帳をみんなで見せてもらいましたが、
アングルも含めうまいと感心。

午後2時より7人の建築家・インテリアデザイナーが集まり、初会合。
トップが来週より海外のため、急遽、集まることになりましたが
今週初めでのいきなりの連絡では、ほとんどの建築家に週末の予定が入っており
7人のうち4名はスタッフによる代理出席でした。
今回の説明は、事前に僕らが受けた説明より詳細でわかりやすかった。
果たして、福岡のデザイナーたちでブランド力のあるプロトタイプ住宅を生み出せるのか、
これまで我々が行なっている通常のアプローチとは違う発想も必要で
どこまで柔軟になれるか試されるプロジェクトかもしれません。
方法論については未知数ですが、確実に実行に移されるプロジェクトですので
これからがどう動いていくのか楽しみです。
このブログでは今後、これ以上の経過については差し控えます。

朝、通訳の人とともにスイス人の建築家が来所。
彼は、スイスのジュネーブにオフィスがある設計事務所に在籍し
日本に興味があり、今回が3度目の来日だそうで
今回は、日本語の習得を兼ね1ヶ月の休みを利用しての滞在とのこと。

昨日、彼がお世話になっている日本語学校の方より連絡があり
今後、当アトリエと何らかのコラボレーションがしたいとの相談で
取り合えず、お会いすることになりました。

スペイン語、イタリア語、英語が堪能でこれまでの経歴も
スペインのRCRやバーゼルのH・M、マッシミリアーノ・フクサスなどでの
働いた経歴があり、取り合えず、ファーストステップとして
コンセプトワークからのコラボレーションをしたいとのことでした。
基本的にはコンペでのレンダリングワークが非常にうまく
ヨーロッパでのコンペにおけるプレゼンテーションにも詳しいようで
ならば、東京でアプローチすればと思うのですが
福岡の環境を好んでいるようで、この当たりはライフスタイルに対する
外人らしい明確な価値観があるみたいです。
かりに、当アトリエにおいて現在、コンペ物件が無いとしても
将来的に今後何らかのつながりができればとのことでした。

福岡での他の事務所への紹介の話もしたのですが、何故かあまり反応が無く
RCRも最初は小さなアトリエで2ヶ月間すごい安い給料で1つのコンペに
全員がかかりきりになって勝ち取っているという話をされていました。

何か見えない何かから尻を叩かれているみたいで
自分のモチベーションをもっと高めなくてはいけないと改めて思いました。

午前中、人吉のI PROJECTの打ち合わせ。
盆前に今回のプロジェクトのコンセプトを提示。

300坪ある敷地の広さを利用し、収納、通路、設備、坪庭のような機能を
90cm,180cm巾の細長いヒモ状の構造フレームとして伸ばし、
それを3本並列に配置、
3本の高さは1層、1,5層、2層と変え
その間にフリースペースと中庭を入れていくイメージでできないか
プログラムの検討を指示していました。

先週、アリヨシから出てきた案は、全くイメージとは違い、
とにかくヒモよ!ヒモ!と言ってボコボコに。
今回、2度目の提示でようやく可能性を少し感じました。
フジヤマは他物件で忙しく、まだ未提示。
そのコンセプトから導き出される面白い部分を見つけ出し
それをプログラム化する試行を行なってみたいと考えています。

夕方、フジヤマとともに既存に増築部分の模型を付けた
産婦人科増改築プロジェクトの模型と概算を持って打ち合わせに。
1日前に出来た時点では、あまり良く見えなかったのが
いろいろ修正してぎりぎりで間に合い、気に入ってもらいました。