BLOG

2009.12.31

大晦日

今年、最後の日の大晦日は、大寒波到来で気温が日中でも4℃くらい
風が非常に強く、大変寒い日になりました。

シングルガラスのみの自宅は温水式の床暖房は入っているのですが
それだけでは十分ではないためガスファンヒーターを併用しています。
灯油によるファンヒーターに比べ、灯油の交換をしなくて済み、
空気もきれいで大変重宝しています。

妻は昼より仕事で、先日見た「お試しかっ!」の番組でハンバーグの
びっくりドンキーが紹介されていたので、次男と二人で、
まずドンキー近くの俵屋に行き
デミグラソースのハンバーグを食べ、
その後ドンキーのハンバーグと味比べすることに。
ボクはとても二人前は食べきれず、ドンキーではコーンポタージュを注文。
次男はベーシックなドンキーハンバーグと味噌汁、ごはんを注文。
少し味見。ドンキーは玉ねぎが入ったしょう油味のソースで
ハンバーグは豚と牛の合挽き、俵屋は100%牛肉。
したがって、金額は俵屋の方が少し高いですが
ハンバーグステーキは基本的には昔からのデミグラソースが王道だと思いました。
ただ、ごはんはドンキーの方がおいしかったです。

もう死にそうという次男を乗せ、自宅に帰り、家の掃除。
自宅は、11月の見学会で大掃除したので今回は簡単に済ませました。

アトリエに出てメールの確認。
東京で働いている長男が東京を夜の8時の便に乗るようで
きょうは、お酒を飲まずに10時ごろ次男とともに空港に
車で紅白歌合戦をラジオで聞きながら迎えに行こうと思っています。

今年最後の空港と高速の夜の雰囲気を味わってみたくなりました。

2009.12.27

大忘年会

毎年恒例のアトリエ系事務所の合同大忘年会。
ことしは、当アトリエにとっては、たまたま、仕事納めの土曜日になりました。
朝より、アトリエの大掃除。
今回は、11月にセキスイハウスの見学で大掃除を行なっていたため
いつもより時間がかからずに済みました。

大掃除の中、3時に久留米 F PROJECTの施主が来られ、打ち合わせ。
コンクリート造2階建ての二世帯住宅ですが、概算によるコスト調整で
ある程度目途が立ちそうですので、いよいよ基本設計に突き進むことになりそうです。
最初にお話をいただいてから3度提案を行い、9ヶ月が経ち
何とか輪郭が見えてきた感じなのかもしれません。
概算がどの程度精度があるのか難しいところですが、
前回の円形案よりは躯体コストが大きく下がったため、
あとはもうエイ、ヤ!という感じで行ってみるしかありません。

ぼくたちの仕事は、慎重に石橋を叩きながら進めて行くことが必要ですが
コストについては、役所工事と違いあくまで施工者側の見積りによるものであり
地域性や社会的経済状況などが加味され、なかなか予測しづらいのが現状です。

6時半より柳瀬、大石、NKSの末廣、矢作、松山、CASEの一の瀬の6事務所が
集まっての合同忘年会を博多駅のホテルセントラーザの地下のバイキングで行いました。
スタッフも入れて総勢35名くらい。
二次会はダーツバーで三次会は松山事務所、3時ごろお開きとなりました。
さて、各アトリエのみなさんは、今年は仕事も順調で
良い結果が残せた方が多かったように思います。
来年はさらなるレベルアップを目指しがんばりましょう!


アトリエ近くの金屑川沿いの百道 H PROJECTは、当初、写真スタジオ付の住宅で計画し、
その後、施主の状況の変化で住宅のみの20坪住宅として
再度計画を行なっていましたが、昨日の打ち合わせで、
先行して住宅のみ建設するのか、しばらく待ってスタジオ付の住宅とするのか
しばらく様子を見ることになりました。

きょうは午後より百道 M PROJECTの施主とフォルツァで設計契約を交わしました。
最終決定案は門型の3層に積み重なったフレームが3つ並び、その間に外部スペースや
ヴォイドが挿入されているものに決まりました。
年明けに基本設計にかかり、2月中旬以降実施設計に入る予定です。

契約が終わり、夕方にアリヨシとともにアトリエに戻ると、今度はすぐにフジヤマとともに糸島へ。
産婦人科の増改築についてのスケジュールの打ち合わせ。
市街化調整区域内にあるため今年の4月より関わっていますが
諸条件の整理などで時間がかかっています。
その後食事に誘われ、10時ごろアトリエに戻ってきました。


メリークリスマス!
クリスマスイブの今日、家族のいるボクはお互いの母を自宅に招いて
妻の手作りのビーフシチューとパンとワインでささやかな食事会を行いました。

今年は、急に妻がクリスマスツリーを買いたいと言い出し、2週間前の日曜日に
色々なところを見て回り、マリノアシティーのニトリで高さ1m80cmのツリーを購入。
3段に分割できるため収納も可能です。
ニトリのツリーは葉の密度もあり2900円とお買い得です。
別のところで購入したゴールドとブルーの球を飾りつけ、
照明は電球色の電球が静かに明滅を繰り返すものをセッティングしました。

カトリック系の幼稚園に通った記憶の中で
クリスマスと言えば冷たい空気の中、
濃紺の空に金色の星々が光り輝く静かな聖夜のイメージが強く
華美にならない過ごし方が気に入っています。


これは、いままで使っていたちびっ子ツリーですがこれはこれでカワイイです。


今日、天神で進めていますビル内診療クリニックの設計事務所検査を行いました。
あさってに施主の竣工検査があり、工事はほぼ完了します。


先生の診察室です。ビルのコーナーに位置し、
外部開口部は床まで取られた明るいスペースです。


ここもコーナー部に位置する処置スペースです。


外部開口部はスイスのバウマン社製の色とりどりのカーテンが下がっています。