BLOG

2009.06.26

お詫び

ここ2、3日のブログにおいて不適切な表現があったことをお詫びします。
自分において相手を著しく傷つけているということが理解できていない
ということにボク自身大きな問題点を感じました。
これまですれすれで書いてきたつもりですが
やはり、公的に個人的思いを誰も傷つけずに書くことは難しいようで
しばらく休止することにしました。
今後は、プロジェクトの進行状況のみをご報告していきたいと思っています。

2009.06.25

神野氏来福

きのうは、東京より構造設計をお願いしている神野氏が来られ、
市崎 O PROJECTの上棟後の金物納まり等の確認を行っていただき
その後、アトリエで千葉の住宅と飯塚S PROJECTの構造打ち合わせ。

夜7時より、松山将勝さんの紹介を兼ね中洲のイタリア料理屋でスタッフのヒラノとフジヤマ
とともに懇親会を行いました。

松山くんは、ボクのブログを通し、神野さんの構造表現主義的でない構造家としての
姿勢に共感し、今後の方向性としてぴったりの神野氏を是非紹介して欲しいと
思われたようで、お二人にとってこれが何か大きなきっかけになれば幸いです。

神野さんのお話に聞き入る中、気が付くと午前1時半。
そこで取り合えずお開きとし、神野さんと松山くんと別れ
僕たち3人は、中洲にある近くの「王ちゃん餃子」へ。

もうそう言えば山笠の季節、少年ラグビーの草ケ江ヤングラガーズでお世話になった
知り合いの方がはっぴを着られて数名と来られていました。
遅い時間なのにこのお店は大勢の客で一杯で賑わっていました。
ここの餃子は有名ですが、お酒を飲んだ後の締めのしょうゆラーメンは絶品です!
ヒラノはもうのどのところまできてて食べれません!というのでフジヤマと
しょうゆラーメン2杯、餃子2人前、ビール大瓶1本を頼みましたが
小わんに少し取り分けヒラノにあげるとおいしそうに最後まで食べていました。
以前連れてきたことがあるフジヤマは前の店で、きょうここに行かないかなあと思っていた
ようで「おいしかったあ!!」と喜んでいました。

3人でタクシーに乗り、途中フジヤマを降ろしヒラノとともに
西新に帰ったのが午前2時半でした。

神野さん、松山くんお疲れ様でした!

毎週、日曜日、福岡では1時半よりあっている大阪の討論番組「そこまで言って委員会」。
きのうは、そこに建築家の安藤忠雄が出演されていました。
並み居る文化人の論客たちも世界的建築家である安藤の風圧に
押され気味でさすがでした。

高卒で東大の名誉教授、元ボクサーであらゆる難題を闘志で戦い抜いてきている人は
常に説得力があり、鋭い眼光にみなさん威圧されていました。
実行力を伴った闘う建築家として世界的名声を勝ち得ている凄みには、
軟弱な文化人にとって論破できない存在であり、彼らのあらゆる質問に対し、
実にうまく切り返していました。
 
政治評論家の三宅さんが、地方に行くと丹下健三氏が手掛けた建物が数多くあるけれども
どれも使い勝手とか評判が悪く、東京都庁舎も雨漏れの修理など設備的な不備で
多額の修理費で物議をかもしている。建築における権威についてどう思いますか?と聞けば

  丹下さんは、国の威信を賭け、数多くの建物を手掛けられ日本の高い技術力と芸術性を
 世界に示された方で、少々雨が漏ろうと当時の国民の気持ちを奮い立たせた建築家です。
 日本人は権威に弱く、文句を言わない。
 権威ある人たちに発言する人がいなかったのがこの国の大きなまちがいです。

でも安藤さんもすでに権威があり住宅を建てる人に闘って住むことを押し付けているのでは?

 住宅を建てる人と、とことん話し合い、あくまで共同作業としてお互いの考えを
 ぶつけ合いながら住まい手に住むための責任を求めているだけです。

 自分は大学に行っていないぶん、人一倍勉強をしなければと覚悟を決め、
 京都大学や阪大の授業に使われている教科書を買って、一日15時間読み漁った。
 大学の4年間でやっていることを1年間でやろうと思った。
 学歴がなく自分みたいになりたいと相談に来る人がいるけれども、
 覚悟がないやつは全く駄目でなれる筈もない。
 覚悟は子供に教え込まなければならない。
 
 東京大学の教授に就任するに当たり、周りがみな反対するなか
 当時サントリーの会長である佐治さんに相談すると

 おまえは止めとけ! いじめられるだけやから
 おまえは建築しかできない、向こうは勉強しかできない、だから接点がない!
 と言われた。

 自分はあくまで学生と共に勉強したいと思い、なった。
 実際なってみると自分より学生の方が知識が豊富だった。
 そのかわり、勘が悪い、感性がない、行動力がない。
 かれらは、勉強をしてきた結果、忍耐力はありますが
 いつも一番できたから協調性はない。
 自分中心でこういう人が一杯集まって国をやっているのであぶなっかしい

などなど。
久しぶりに安藤節を聞きましたがお元気そうで是非、東京オリンピックを
成功させて欲しいと思いました。

2009.06.21

父の日


今日は父の日。
むかしから母の日は知っていましたが、父の日がいつごろからいわれるようになったのか
あまり記憶がなく、ボクも父に対してプレゼントをしたことがありませんでした。
バレンタインデーもそうですが何だか商業主義に踊らされているようで
父の日なんかいらないと思っていたところ
東京で働いている長男より父の日のプレゼントが送られてきました。
実際、もらってみると嬉しいもので。
このラミーのセットは、よく考えて贈ったなあと思うとともに、
そう言えば自分も父親なんだなあと改めて思い知らされました。

短い黒い方は、デザインにおけるスケッチ用として最適な重さと扱いやすさがあります。
長めのシルバーの方は、シャープペンとオレンジのマーカーの切り替えができるペンで
かっこ良く、みんなに見せびらかそうと思いました。
S平!ほんとにありがとう!!


梅雨入りするもなかなか雨が降らず、水不足の心配がされるようになってきていますが、
工事の方は、幸いとても助かり、
今日、市崎 O PROJECTは無事上棟を行うことができました。

工程は1ヶ月半近く遅れ中々進みませんでしたが、これからは難しい部分もなく
どんどん進めていく必要があります。
工程が遅れている間に木製建具と造作家具については、当アトリエのブレーンである
大川の前田建具にできないか工務店の方と交渉を進めてきました。
あと一息で何とかなりそうですので、施主へご相談しようと思っています。

この写真は、手前と奥が庭でコンクリートの屋根が架かっている部分の下が屋外の
食事スペースになる予定です。


道路側の壁で囲まれた外部スペースを和室前のコンクリートの屋根が架かった濡れ縁から
見た写真です。
敷地外周部を回る高さ3mの壁と屋根状のプレートによって構成されるたくさんの
中間領域がこの住宅のコンセプトになっており、気持ちの良い空間がたくさんできることを
期待しています。