BLOG


きのう、輝国SLIDING HOUSEの基礎コンクリート打設が完了しました。
右側に腕組みして立っておられる方は、ボクではなく工務店の社長さんです。
この現場は、社長さんが直々で見られるそうです。

予算調整では、担当のヒラノといつも喧々諤々のやり取りで
ヒラノの天敵みたいな方でしたが、最近はヒラノのことを緻密じゃ!と
思われておられるようで、少し嬉しく思いました。

模型では、小さく感じていましたが、現場の基礎段階では結構大きく
出来上がると迫力のある建物になるかもしれません。

上下二段リング状の壁がずれながら内部空間と外部空間をともに取り囲んでいます。

2008.11.28

ハタさん来所

昨日は、午後8時ごろに筑羽工務店のハタさんがアトリエに来られました。
現在、カサギ担当で計画を進めています豊浜のN PROJECTの
特命工事で事前に概算を行なってもらうため、
基本図面の説明と受け取りが主な用事でした。
基本図面は、平面図、立面図、断面図、仕上表、矩計図、
建具表、外構配置図、伏図、設備図です。
実施設計は、これからで12月中に完了予定です。

ハタさんは最近、いろんな設計事務所からの特命工事の依頼で
かなり、忙しそうにしておられます。
当アトリエもFabric Wall、Light Boxや今年の6月に竣工しましたLight Tube
で大変お世話になり、とてもありがたく思っています。
今回の物件も事前に早めにお話をさせていただいて
何とかやっていただくことになりました。

雑談の中で、ハタさんとともに現場を担当されているWさんが
ダートレースのA級ライセンスを持っておられる話がでました。
カサギ「ダートレース?」
ハタ「起伏のある野原を走り回るようなごたーですよ!」
カサギ「あーそれって、ダカーポみたいなものですか?」

オオイシ「ガハーー!!ついにカサギのしっぽをつかんだぞー!
      ダカーポじゃなく、パリ・ダカール耐久レースのダカールじゃん!
      ガハハ、ヤッター!バンザーイ」

いつもこのブログにおいて、数々の名言を残してきたフジヤマの
背中が仕事をしながら、かすかに揺れていました-----------。

最後に、
「おおいしさんのアトリエに来るとよく話すのでストレスが発散できますばい!」とハタさん
「あれっ?ハタさんってストレスがあるんですか?-----—-」

昨日は、建築家プロデュース会社フォルツアのF女史のための
「秘密の誕生パーティー」に行ってきました。
彼女を20名の建築家たちが集まっている場所に誘い出すために
和風の住宅を主に手掛けている陶山くんが仕事上の悩みがあるという
ことで来ていただきました。
フォルツア代表のA氏からの電話での合図により
さあー、来るぞー!ということで
下から上がってくる階段を挟み、みんなが集まっている部屋の
明かりを消し、カウンターに一人座る陶山くん!
F女史が来ました!来ました!上がってきました!
A氏とともにおもむろに横に座りますがこちらの方に全く気付いていません!
そこで、マツダグミの松田くんが音頭をとり、暗闇の中
HAPPY~  ♪ BIRTHDAY~♪、♪の合唱
暗闇の中から聞こえてくる歌に思わず振り返るF女史!
キャー!!!
明かりがつき一斉に「おめでとう!」
パチ、パチ、パチ-----—拍手
F女史の「秘密の誕生パーティー」の夜は賑やかに更けていったのでありました-----—。

きのう、LEAF HOUSEの現場から帰ってきたら
以前努めていた山田 守建築事務所の後輩で現在、社長になっているMさん
から連絡があったとのこと。
こちらに来ているのではと思いましたが、連絡先は東京本社。
さっそく連絡してみたところ、山田事務所出身者のOB会を今回初めて企画しており
来ないかとの事でした。
みんなその後、どうしているのかとても会いたくなりました。
わたしの結婚式の仲人になっていただいた社長も、今は会長でお元気とのこと。
組織設計事務所とは言え、大きな組織でもなく
今から思えば、意外と家族的な雰囲気だったかもしれません。
事務所に残られてがんばっておられる先輩や同期、
事務所を辞めて独立した方、
事務所から別の事務所に転職された方、
さまざまな人生について語り合いたくなり、
来週の土曜日、東京に行くことにしました。

午前中、晴れたかな?と思いきや、午後より急に空が暗くなり
また、雨が降り出しました。
笹丘のY PROJECT,市崎のO PROJECT,田川のI PROJECT
現在、この三つのプロジェクトの見積り調整を行なっていますが
施工者とアトリエ間の減額調整のやり取りにどうしても時間がかかり
施主の方に地鎮祭を待っていただいている状況が続いています。

笹丘は、図面の修正が終わり、もう一度改めて見積りをやり直していただき、
アトリエのチェックを行なって、再度調整をお願いしています。もうあと一息というところです。
2階リビングの1/30の室内模型を作ってみましたが、中庭とのつながりが気持ちよく
この部分にコストがかかっていることは必要であるという認識を改めて持ちました。

市崎は、今週中に施工者の方から再見積りが出る予定ですが、施主のほうで
予算を2割ほど増やしていただいたこともあり、微調整でいけるのではと考えています。
ほんとに助かりました。あのまま実現すると思うとワクワクします!
ただ、構造がコンクリートと木の混構造で、確認申請のための構造計算を
現在、先行しておこなっています。来月末には確認が下りる予定ですので
着工は、年明けになりそうです。

田川は、あと少し減額する方向で考えていたところ、施主の方よりプランの見直しの
提案があり、担当のフジヤマの粘りによるがんばりもあって、よりすっきりとした形に
なりました。かえって前より良くなったと思います。
その結果、今度は工務店の方の調整が時間がかかりそうな気がします。
できれば、年末までに何とか地鎮祭を行ないたいと考えています。