BLOG


面白いものを見つけたのでご紹介。
秒時計になっており、グラフィックがシンプルなことと、かわいい女の子たちが
伊東豊雄さんが設計された多摩美の図書館の中でダンスしているシーンが
時々挿入されており、不思議な感じです!
音楽もなかなか良かったので興味のある方は下をクリックしてみてください。

http://www.uniqlo.jp/uniqlock/

2008.07.30

落雷


昨日は、東京の山手線が落雷によるストップで大変だったようですが、
こちら福岡も2~3週間前の明け方、生まれてこの方、いままで経験したことのないような
凄まじい雷が自宅周辺であり、通常、次第に雲が風に流されだんだん遠ざかっていくところ、
長時間、近くに落ちているような状況が続きました。

まず朝起きて、キッチンの一部コンセントが使えないことに気付き、
よくわかりませんが、リビング吹き抜けの壁のペンキ下地が帯状に垂れており
さらに、1階の寝室とゲストルームのエアコンがいかれて使えませんでした。
そして、2階キッチンのパソコンも動きが鈍く、1階のアトリエのフジヤマのパソコンが
動かなくなっていました。
どれも電源的にはつながっていないにもかかわらず、
修理にきた会社の方は、みな落雷が原因と言われていました。
直接落ちなくても、強い電圧によって計器が狂うそうです。
あらためて、雷の凄さを認識するとともに地球の温暖化によって、むかしより
自然が次第に凶暴になってきているような実感がしました。
みなさん、今後落雷対策としてパソコンは何らかの防御が必要だと思います!

2008.07.29

熊本へ


夏空の下、担当のフジヤマとともに一路熊本へ。
RIVERSIDE HOUSEの明日の引越しに向け、
役所の完了検査の立会いと追い込み工事の確認に行ってきました。

夏の暑い日射しに照り映えて真っ白な外観が。

川側に降りて真横からも初めて撮影してみました。

1階の浴室は、こちらが想像している以上に気持ちの良い空間ができていました。

折れ曲がった壁に挟まれた狭い三角形のバスコートは、意外と効果的で驚きました。

カガミによる反射で不思議な感じの洗面スペース、空間はゆったりととられています。

2階に上がるとまだ工事中、ほんとにぎりぎりです。たくさんの職人さんが汗だくで
がんばっておられます。

夜の照明チェックのため日が暮れるまで現場に。

夕暮れの外観。

きょうは、汗でびしょびしょになりながらも、時間を掛けたぶんだけきっちりと指示ができ、
たいへん疲れましたがひとまず安心しました。

2008.07.26

猛暑

とにかく暑い!
むかしはこんなに暑かったでしょうか?
土曜の昼下がり、
休日のような家族連れがちらほら商店街を歩く中
ふらふらになりながら昼ごはんを食べに。
寒い冬の時は、明るくまぶしい夏にあこがれ
うだるような夏の暑さの時は、冷たく透き通った冬の世界に思いを馳せます。
設計をしていると、その時点での季節に影響を受けることが結構
あるような気がします。
どんなに設計環境が均質になったとしても空間を移動している限り、
季節という環境の変化は、生活を通し明確に意識されるものです。
人間は自然を、五感を通して感じ
深層心理に働きかけられた刺激が強い衝動となって表現され
様々な創造的行為が生み出されていきます。

ところで、今週前半に突然、宮崎の焼酎メーカーから電話があり、
市場に出していない限定品の焼酎をいががでしょうか?ということでした。
どうやって、ボクのことを調べたの?聞いてみると
ホームページとブログですと言われ絶句!
はぁー、ボクってそんなに酒好きと思われているのだと改めて思いましたが
間違ってはいないし、東京では1万円で売られているという言葉に
つい反応して1本だけ購入することに。
それが今日、早速届きました。

「百年の孤独」のようなブランデーの味と思いきや
まあ、それなりの焼酎で特別凄いとは思いませんでしたが、「森伊蔵」がブレイク
する前に飲んだ時もそこまで思わなかったので、何とも言えません。

熊本のRIVERSIDE HOUSEの現場が来週31日のお引越しに向け、
最後の追い込み工事を行なっています。
内装と塗装もほぼ完了し、後は土曜、日曜の家具取り付けを待つばかりです。
来週前半に設備機器の取り付けを行ない、何とかぎりぎりで間に合いそうです。


エントランスまわり


2階への階段、我々がハンズマンで購入したステンレスワイヤーを支給して
取り付けてもらっています。


2階リビングより西側テラスと子供室


2階子供室と上部ロフト


1階洗面