BLOG

2008.01.31

LEAF HOUSE地鎮祭


福岡市の茶山で計画を進めていましたLEAF HOUSEが冬晴れの
さわやかな朝の中、やっと晴れやかに地鎮祭を迎えました。
施工は、二日市で施工中のONEプロジェクトに続き、大宰府の斎藤工務店です。
2006年の9月に建築プロデユース会社のプロトハウスよりご紹介を受け、
10月に3人の建築家とご面談。さらに、それぞれの設計した住宅を見て回られ、
私を選ばれたのが11月。

意外だったのは、定年を迎え、もっと落ち着いた雰囲気を求められておられると
思いきや、自動車会社の開発の仕事に携われておられていたこともあり、
落ち着きや日本的伝統以外に近未来的なものというキーワードがあり、
たぶん、そこで私のアトリエを選ばれたのだと思います。
その後、昨年の2月に3案をご提案しましたが、団塊世代でお子さんたちもみな
独立されたお二人のための住まいのあり方として、こじんまりとした部屋が
個別の独立性を保ちながらも三つの中庭を介してつながり、回遊できる
考え方にとても賛同され、そのコンセプトをベースにコストや具体的機能を
織り込むことに時間が費やされました。

近未来的というと表現としてのハイテク感や金属的なものをイメージしやすいですが、
この建物は、プランとしての構成そのものにおいて近未来的であり、
形態は,9つの部屋の屋根が 葉っぱ(LEAF)を表わすものとして抽象化され、
各々、上下方向にずれながら組み合わされています。
結果としての形態であって最初から意図した形態にはしていません。
また、インテリアや仕上げにおいてはオーソドックスなものにしていますが、
木製建具と造作家具は篠栗の家でお願いしている大川の前田建具に
頼んでいますので大変心強く思っています。


今年の7月竣工に向け、担当のフジヤマとともにがんばります!

2008.01.30

貴重な時間

LEAF HOUSEの明日の契約と地鎮祭前に施主と最終的な
工事金額の打ち合わせを行いました。
施主のIさんは、この度名古屋の大手自動車会社を退職され、故郷の
福岡に、ご亡父様の自宅を解体後、新たに団塊世代の家として
LEAF HOUSEを建てられます。
もともと、開発部門におられ、向こうでは開発のOBたちの同窓会の幹事
もつとめておられたようで、今回退職するにあたり、OBの75才になられる
カーデザイナーの方から1日、1日の生活時間を常に時間をくぎって動いていかないと
だらだら過ごしていると、あっという間に80才になってしまうということを
言われたそうです。
例えば、新聞を読むにしても何分までに止めるとか、次は何時までにこうするとか—-。
ボクなんか、引退したらズルズル、ダラダラできるのが楽しいと思っていましたが
どきりとするご忠告の言葉です。
結局、常に時間を無駄にしない生き方が必要なのかもしれません。

最近、このブログが仕事の話しばかりで申し訳ありません。
忙しいと仕事以外のことがなかなか浮かばず、いけないと思っているのですが------。
気持ちに余裕がない証拠だと思います。
そういえば、1月に入り、仕事以外の面白いことへの想像力が働いておらず、
リフレッシュできていません。
車の中でそういう話を笠置にしていましたら、「温泉や山歩きなどはどうですか?」
と言われました。
何かそれってジジ臭いような-----—。まだ51才だぜー!!
ハァー、何かもっとかっこよくて面白いことないかなーーーー。
それ以上の想像力が湧いてきません。
最近、ヒラノも急に仕事が緻密になり、茶化せましぇーーーん。

ところで、桜坂プロジェクトは同時進行で進められている上の段の敷地の
5戸の集合住宅と全体の統一感を出すことになり、上の方を担当している無重力計画の
井本氏とデザインのすり合わせを行なうことになりました。
また、外観イメージについても不特定の買い手のニーズに対応できるように
モダンな部分を抑えたフランク・ロイド・ライト的なオーソドックスなイメージでの
調整を求められており、きょう、井本氏とデベロッパーのところで打ち合わせを
行ないました。
来週の共同打ち合せまでに再度検討し直した外観デザインを提案する予定です。


日曜日にスタッフの笠置とヒラノとともにNKSアーキテクツの北九州の
クリニックの見学会に行って来ました。
かねてからNKSの末廣さんたちの作品は、凡庸ではなく刺激的であり
用途や機能が変わっても、常にコンセプチュアルな方向を失わずに
作り続けている姿勢に大変興味を持っています。
求められている機能を踏まえながらも、常に今までにないものを
提案されており、お話を伺ってもコストを含めた合理性の中での
試行錯誤をされており、絶対にぶれない軸足がしっかりしているからだと
思いました。
医療施設の機能優先の条件の中から、今までにないコンセプトを見つけていく
ことができる高い能力と、構成と構造との整合性を踏まえた実行力とデザイン
において群を抜いています。

今回のクリニックは、家型をした9つの箱に機能が集約され、内部の動線的通路
は集落の街路として扱われています。特に面白いのは、家型の形状としての
斜め壁とフラットな屋根との造形的関係性において、これまで見たことのないとても
新鮮な感覚を覚えました。
家型の箱は、構造的解決を踏まえ、交互に向きを変えて配置されていますが、
それが外部においては、単調さを打ち破るものになっており、内部においては
複雑な見え方につながっています。

みんなー!医療施設でも、もっとがんばれるよー!!と勇気を与えてくれる見学会でした。

2008.01.26

造園

今日は、朝より「篠栗の家」の造園で柳瀬さんに紹介していただいた
N造園のHさんと打ち合せ。70才近いお歳ということですが、
革ジャンがとても似合ってらして、年を取って着た方がカッコイイ
と改めて思いました。
建築家というのは、全体を統括する上でオールマイティーでなければならなくて
造園の樹種や配置における構成も知識として知っておかねばならず、
建物を含めた全体の構成のなかでの造園について、専門の相手に明確に
伝える必要があります。
オーケストラの指揮者のようなものと思っていいかもしれません。
もちろん、どんなにうまく伝えたとしても相手にキャパシティーがなければ
結果的に良いものにならない訳で、組む相手を見極めることも要求されます。
今回は、造園の予算も多くはありませんので、こちらの意向を汲み取っていただける
方で建築家とのお仕事をされておられる事を考慮してお願いすることにしました。
かなり必要最小限の提案になっていますが、施主の意向を確認した上で
再度、調整したいと考えています。