BLOG

2007.12.31

大晦日

今年もいよいよ最後となりました。
きのうから冬の嵐が吹き荒れ、まるで激動の今年に
別れを告げるような天気です。
午前中までに年賀状をなんとか書き終え、
昼から、桜坂プロジェクトの件で出社してきた笠置と打ち合わせ。
その後、家の大掃除をしてやっと落ち着き、家族が買い出しに行っている間
一人でビールを飲んでブログを書いています。
私の机の横には、今年(2007年)の1月5日付けの「今年の目標」という張り紙があります。
今年は目標設定に対し、どれぐらい実現したでしょうか?
ホームページのリニューアルやブログの開始は実現しましたし、
方法論の開発やプランニングのパターン化の回避、ブレーンの充実など
70点は付けていいかもしれません。
仕事も増え、独立後、始まって以来の忙しさでしたが
反省点や課題も多く、それを踏まえての2008年にしたいと思います。
ブログについては、評価がかなり分かれ、続けた方が良いのか
難しいところですが、言葉の選択は自分に勉強になっていることは間違いありません。
50男でも恥ずかしながら、気付かないことが多く、ブログを通してもっと人間的に謙虚に
成長したいと思っていますので、来年もよろしくお願い致します。

昨日のお酒が少し残る中、佐賀のTさんのところに担当の藤山とともに
打ち合わせに行ってきました。
Tさんは、購入予定の土地が農地転用の手続きで時間がかかっており
まだ、正式には土地の契約に到っていません。
ほぼ間違いないものの、今回の提案は住宅の要望を確認するうえでの
たたき台としてプランのみ出させていただきました。
お話を伺うと土地が200坪と広いため自分たちで構想していたものと
敷地の使い方、西側の素晴らしい眺望に対する捉え方、ご予算等に
対して改善点がみつかり、
きょうのお話を踏まえたうえで、2月中に再度提案させていただくことになりました。
アトリエには4時に戻り、藤山には今年の新規の施主の方の住所を
まとめてもらい帰ってもらいました。
さて、いよいよこれから350枚近くの年賀状の準備に取り掛からなければいけない
のですが、東京より長男が今日帰省し、嫁は仕事ですので男三人で
ぎょうざを食べに行くことになり、年賀状は明日がんばることにしました。

2007.12.28

大掃除

今日は、アトリエの御用納め。
現場と掃除と二手に分かれ、朝は、現場に行く前に破棄するカタログの確認。
その後、担当の笠置とともに筑紫ケ丘の「西に向かって開け!」プロジェクトの現場へ。
中は、2Fを中心にだいぶ仕上がってきましたが、とにかく工事に時間がかかっており
施主のタイムリミットである2月末竣工も心配になってきました。
外部の設備配管工事や外構工事のスケジュールを把握した上で、外部の仕上げ工事が
いつまでにでき、足場が解体できるのかがポイントになってきました。
空間は、1Fから2Fへ階段を上がった時の驚きが楽しみです。

午後1時に帰ってきて、つぎは担当のヒラノとともに篠栗の家の現場へ。

外部のしっくい塗りがほぼ完了し、足場を解体し水平のラインを強調した静かな外観
のたたずまいがあらわになりました。

内部は、天井の杉板の染色がほぼ完了し、1月より内部の壁のしっくい塗りを
行なう予定です。竣工は、2月末を予定しています。
夕方5時に戻り、全員でカタログと机周りの片付けと清掃。
私は、雑巾を絞っていろんなところを拭いて回りました。
事務所の中がすっきりと片付くと、すがすがしい気持ちになります。
8時までにほぼ完了し、私と笠置は、森裕さんの事務所主催の忘年会に出席するために
大橋へ。今年、最後の忘年会になります。
藤山は、明日の佐賀のTさんに提出する住宅の計画案の準備でまたもや不参加。
本当に申し訳なく思っています。

きょうは、朝の10時より施主のNご夫妻にアトリエにきていただき、
千葉の住宅の提案を行いました。
関東の建築会社の状況が掴めないことと、遠方の監理になるため
手堅い案も含め3案提出しました。
Nさんのご主人の職業は、新聞記者で蔵書が多くそれを収納する
コアを建物の中心に斜めに配置して2.5層の空間で取り巻いたA案に
ご主人の方は、コンセプトを感じられておられましたが、お正月中に
じっくりと検討されることになりました。
A案

B案

C案

昨日は、日頃から懇意にしている福岡のアトリエ系事務所の合同忘年会
が行なわれました。
3~4年前からスタッフの交流を図るために一部の事務所で合同の
忘年会を行なっていたのですが、次第に規模が大きくなり50名ほどの
大忘年会になりました。
参加事務所は、あいうえお順に
NKSアーキテクツ(末廣 香織、宣子)
大石和彦建築アトリエ
CASE(一の瀬 勇)
スピングラス(松岡恭子)
田中俊彰建築設計室
松山建築設計室
柳瀬真澄建築設計工房
矢作昌夫建築設計事務所
の8社です。毎年、幹事事務所は場所を確保するのがだんだん大変になってきましたが
大勢集まるとほんとに賑やかで、3~4人の事務所だけの寂しい忘年会と違い、
楽しく盛り上がります!
結局、ほとんどの人が2次会まで参加し、今日仕事にもかかわらず朝の4時に解散しました。
みなさん!お疲れ様でした。

私は、朝10時に工務店との打ち合せを終わらせ、昼より苅田町の5 Similar House
の現場に担当の笠置と行ってきました。
きょうは、施主も来られ、リビング・ダイニングに置く家具の提案と追加工事についての
費用と確認を行いました。
内部は、まだ足場が残っており造作家具工事が来月の中旬までかかりますが、
L字型の相似形(Similar)をした5つの棟が絡み合った構成は、内部的な見え方として
変化に富み、中央部ホール棟のランダムに空けられた開口部がさらに外部を複雑に
切り取り飽きのこないシーンを数多く作っています。
朝に始まり夕暮れに射し込む光の様々な動きは、きっと空間をさらに奥深いものに
すると思います。
2月上旬には、オープンハウスを行なう予定です。