FLOW

STEP01. 面接
ホームページや雑誌などを見られての電話・メールなどによるお問い合わせに対し、
アトリエでの面談をお願いしています。ご相談については無料で対応しています。
また、土地の選定において、土地取得契約前での事前相談にも応じています。
STEP02. 設計依頼
正式に建物の設計依頼があった場合、
再度内容についての詳細をヒアリングさせて頂きます。
ご提案までの期間は、その時期の他物件との設計スケジュールの調整により、
その都度対応しています。
STEP03. 提案
敷地条件・家族構成・ご要望・ご予算・ライフスタイル・デザインなどを
総合的に考慮した上で基本プランの提案を行います。
また、建物の外観模型も提出します。
STEP04. 契約
提案した内容で今後進めても良いと判断された場合、設計監理業務の正式な契約を行います。
なお、数度に及ぶ提案の場合、状況によっては最終案が決まっていない段階においての契約を
お願いする場合がありますのでご了承ください。
STEP05. 基本設計
基本計画案が決まった後、打合せ用図面のスケールを1/50に拡大し、
キッチン・サニタリー・主寝室まわりにおける動線及び収納計画、
採光・通風等を考慮した開口部計画、床・壁・天井・造作家具などの仕上げ計画、
電気・照明・給排水・空調などの設備計画、外構・造園等計画の5つのグループにおいて
詳細に打ち合わせをしながら、ご要望を取り込みます。
期間は約2週間に一度のペースで打合せを行い、1.5ケ月から2ケ月必要です。
STEP06. 実施設計
基本設計段階において、全てのご要望をお聞きした上で次のステップの実施計画に入ります。
実施設計は、どのような施工者に図面を渡してもきちんとした
見積りができるように詳細な設計図面を描く作業で、
建築全体を統括する意匠以外に、構造・電気・空調衛生の各専門家により系統立てた図面を作成します。
また、実施設計図は現場が始まって施工者が工事を進めていく上での貴重な指示が網羅された図面です。
期間は1~2ケ月必要です。
STEP07. 見積もり
出来上がった実施設計図の内容について施主の方に説明を行った後、
数社の施工者に図渡しを行い見積もりを依頼します。施工者の選定については、
設計事務所が設計した物件の施工実績がある会社が前提で、施主と話し合って数社を選びます。
また、内容や状況によっては、設計者が推薦する特定の施工者に見積もりをお願いする場合もあります。
STEP08. 見積もり調整
施工者から提出された見積もりを基に
各工事(基礎工事・木工事・屋根工事・建具工事・設備工事など)に
対する見積もり比較表を作成し、金額及び数量のチェックを行います。
見積金額は、通常当初のご予算よりオーバーすることが殆どの為、機能性・デザイン性を損なわずに
減額する項目及び金額を作成し、項目ごとの内容説明を行い、見積もり調整を行います。
期間は見積もりを含め1ヶ月くらいです。
STEP09. 請負契約
施工者から出された減額項目を含めた最終見積金額において了解された場合、
施主と施工者との工事請負契約に立会います。
STEP10. 着工
工事に先立ち、地鎮祭を行うのが一般的です。
地鎮祭の準備は施工者が行いますが神主へのお礼は施主が行います。
また、地鎮祭を利用して、建物の外周部の縄張りを行い、
敷地内での建物位置の確認をします。
STEP11. 監理
工事期間中、設計者が行う監理は、建築主の立場に立ち、
工事が図面どおり正しく行われているかをチェックするものです。
現場の段階において、施主に対し図面内容についての最終的な確認を取りながら
施工者に意向を伝えるとともに施工者側からの質疑に対応していきます。
STEP12. 上棟後
通常、週一回の定例打ち合わせを通して監理を行います。
工事期間は通常6ケ月から7ケ月要します。
STEP13. 竣工
設計図で決められたとおりに竣工したか設計事務所による竣工検査後、
手直しを経て建築主の検査に立ち会います。
指摘事項の手直し確認を経て、施工者から建物の引き渡しを受けます。
*建物の竣工写真は、引き渡し数ヶ月後に撮らせていただきます。